山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 58.八経ヶ岳 ~行者還トンネル西口-大峰奥駈道 - 弥山 **山ある記 >
・・謹んで震災のお見舞いを申し上げます。

  また、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


※ 八経ヶ岳 1914.9m(日本百名山・近畿最高峰) 、弥山(ミセン) 1895m


11年5月3日(火)最高気温(奈良) 19.1度(最低 8.9度) 曇り後にわか雨                 
  行者還トンネル西口 07:51  → 奥駈道出合 08:41 → 石休場宿跡 09:02 
→ 聖宝ノ宿跡(理源大師像) 09:38 →  弁天の森1600m 09:11 → 弥山小屋 10:36 
→ 八経ヶ岳山頂 11:12(ランチ~12:05) → 
弥山山頂(弥山小屋)小休止 12:35~12:55 → 聖宝ノ宿跡(理源大師像) 13:36
 → 奥駈道出合 14:22 → 行者還トンネル西口 15:02 → 洞川温泉 16:00~17:00


※アクセス(マイカー)
大津出発  04:15 石山IC(京滋バイパス) →第二京阪 → 近畿道 → 南阪奈道(葛城IC)
→ 県道30号 → 国道309号 →  07:35 行者還トンネル西口 


リンク リンク → → 八経ヶ岳ルートマップ

・先週のブログで弥山への登りで積雪がまだ多く、「アイゼン使用した」と記事があったので
 今回持参した!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

・皆さーん!こんにちは! 只今より、第58回「山ある記」をはじめます!

今回はGW突入しましたので、少し遠征で奈良県の八経ヶ岳へ行ってきました!

さすが近畿最高峰だけあって大人気の山で早朝からたくさんの人で賑わっていました!

天候が心配されましたがなんとか雨には合わずよかったですが、曇り?でそして黄砂の影響で
雄大な展望がなかったのが残念でした!

しかし、さすがに大峰山系 奥駈道は素晴らしかった!1600mの稜線歩きも堪能できよかったです!

さて、スタート です。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【八経ヶ岳 1914.9m 征服!】・前半厳しかった(後半も・・・)ですが、無事登頂出来よかったです!

110503-0000.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0735-0749】・滋賀県から高速で3時間強かけて到着です!
川合からの道路は狭くて大変だ! ” 酷道309号 ”は厳しかった!
トンネル近くの駐車場はすでに満車で少し手前のスペースに止めてスタートです!

110503-0735.jpg  110503-0749.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0751】・行者還トンネル西口の手前に登山口がある!
先に到着されている人々がどんどん旅立っていかれている!
登山届を出して我々も出発だ!天候はしっかりしないがなんとかもつだろう!

110503-0751.jpg  110503-0751a.jpg
     
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0800】・登山口からしばらくはゆるやかなルートを進み、
沢沿いの木の橋を渡った!ここからが奥駈道までの厳しい登りの始まりです!

110503-0757.jpg  110503-0800.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0818】・奥駈道まで標高差約400mを一気に登る!
なかなか厳しい登りで悪戦苦闘!多くの人が頑張って登って来ている!この登りは根っこが激しく
引っかかりそうで歩きにくい!

110503-0818.jpg  110503-0818a.jpg
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0827】・途中トラロープも張ってありやや難所も出てきた!
マイペースで登ろう!

110503-0822.jpg  110503-0827.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0841】・登山口からコースタイム通りに50分で奥駈道出合に到着!
標高1500m地点だ!この稜線はだいたい15~1600mになっているようだ!

110503-0841.jpg  110503-0842.jpg


110503-0843.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0858】・奥駈道の稜線は気持ちがいい!標高1600m上には残雪がひらほら
見えてきた!

110503-0851_20110505171225.jpg  110503-0858.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0902】・石休場宿跡を通過!

110503-0902.jpg  110503-0907.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0911】・弁天の森1600m に到着!休憩されているグループがあった!
この付近はブナの原生林が素晴らしい!

110503-0911.jpg  110503-0911a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0914】・残雪を踏みしめながら先を急いだ!
途中、バイケイソウが新しい芽を次々と出していた!

110503-0914.jpg  110503-0918.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0922】・ようやく本日の目的地が見えてきた!正面のゆるやかな山容が弥山(みせん)、
左の鋭いピークを持っているのが八経ヶ岳のようだ!まだ距離があるがこれからの厳しい登り頑張ろう!
しかし、大峯山系はやっぱり世界遺産!スケールが違う感じだ!

110503-0922.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【0938】・聖宝ノ宿跡(理源大師像)に到着!これから下山される?
団体さんが休憩されていた!

110503-0941a.jpg 110503-0941.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1003】・弥山への最後の急坂が始まった!

110503-0949.jpg  110503-1003.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1009】・短いが雪渓を横切るN氏(中)!油断できない!
この斜面の傾斜は恐ろしい!

110503-1009.jpg  110503-1009a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【八経ヶ岳 動画】




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1019】・木製の快適な階段が見えてきた!どこまで続いているのだろう?
この辺りからぐっと積雪が増えてきた!この前までこの階段はは完全に埋まっていたようだ!
このさきは厳しい斜面に雪があり慎重に行こう!アイゼンは必要ないかな!?

110503-1010.jpg  110503-1019.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1031】・さあラストスパートかな!弥山小屋が近づいている雰囲気だ!

110503-1031.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1032】・弥山小屋への最後の急斜面をスリップに注意しながら登るN氏(中)!
予想以上に雪が多いのに驚いた!それにみなさんデカイザックの方が多い!
テント泊や小屋泊の方が多いのだろうか?50ℓ以上の荷物をもとともせず行かれる!
ここはつわものが多いようだ!

110503-1032.jpg  110503-1032a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【八経ヶ岳 動画 弥山小屋へ】




-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1036】・弥山小屋に到着です!標高1880m地点と思われる!
山頂はこの先にあるようだ!周辺では多くの方が休憩されていた!
弥山小屋は立派な山小屋で200名の収容能力があるようで多くの方々が利用されているようだ!

110503-1035.jpg  110503-1036.jpg


110503-1038a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1044】・ここでの休憩はほどほどにして八経ヶ岳へ急いだ!

110503-1038b.jpg   110503-1044.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1046】・弥山から八経ヶ岳へは少し下りが続き、オオヤマレンゲの自生地へ向かっていく!
木の造形美!どうしてこのようになったのでしょうか!

110503-1046.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【八経ヶ岳】・1914.9m 八経ヶ岳が目の前に現れた!

110503-1046a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1057】・このあたりはオオヤマレンゲの自生地で有名らしい!
開花シーズンには全国からファンが訪れるとのこと!

110503-1056.jpg  110503-1057.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1104】・鹿よけゲートが2か所ありオオヤマレンゲを保護しているようです!

110503-1058.jpg  110503-1104.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1106】・2つ目のゲートの先は残雪が多い!
山頂への最後の登りが待っている!アト一歩頑張ろう!

110503-1105.jpg  110503-1106.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【大峯の山々】・明星ヶ岳や七面山方面の展望が見えているが、黄砂の影響でぼんやりとしている!

110503-1108a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1108】・木の階段を登り切れば山頂です!

110503-1108b.jpg  110503-1110.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1112】・近畿最高峰 八経ヶ岳登頂!!おめでとう!
N氏(中)は一足先についていたようだ!三角点も確認!

110503-1112.jpg  110503-1114.jpg
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1118】・山頂はにぎやかだ!さすがに人気の山だけあって次から次へと来られる!
ゆっくりとランチを楽しもう(笑) 今回からN氏(中)のウエポン ジェットボイルの登場です!
こいつはすぐれもので500mlの水が2分30秒で沸騰だ!

110503-1115.jpg  110503-1118.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1206】・ランチが終わり、弥山(みせん)に戻ろう!

110503-1206.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1233】・弥山小屋に戻ってきた!鳥居の奥が山頂らしい!
鳥居の脇に”皇太子殿下行啓記念”の石碑が建っていた!来られていたのだ!
      
110503-1233_20110508220032.jpg  110503-1233a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1238】・ここ弥山神社が山頂のようだ!
山頂の標識はなかった!(裏にまわって少し盛り上がっているところはあったが・・・)

110503-1238.jpg  110503-1238a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1243】・弥山小屋内部が気になるN氏(中)!
中には、浩宮 【皇太子殿下御宿泊小屋 1990年平成2年6月14日】とプレートがあった!

110503-1243.jpg  110503-1243a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1255】・トイレもきれいでハイテクだ!協力金100円也!

110503-1255.jpg  110503-1255a.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1256】・下山開始です!
行者還岳、七曜岳、大普賢岳方面の展望もかすんでいる!

110503-1256.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1309】・この時間にでっかいザックの方が多く登って来られる!
話を聞いてみると、弥山小屋に泊られる方々、ここから狼平の小屋へ行かれる方々のようだ!

110503-1257.jpg  110503-1309.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1331】・弥山からの急斜面を下りて来ると白装束の行者さんが登って来られた!
この時間からどこまで行かれるのだろうか?
そして学生らしき女性の団体さんが50ℓ以上クラスのザックで登場だ!
どう見ても本気の歩荷トレーニングのようだった!たくましく、カッコイイ!

110503-1320.jpg  110503-1331.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1336】・聖宝ノ宿跡(理源大師像)で小休止!

110503-1336_20110508231328.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1410】・本当に多くの方がお泊りのため登って来られる!
この山系は弥山小屋があるので人気のルートのようだ!しかしでかいザックだ!

110503-1406.jpg  110503-1410.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1422】・弁天の森を楽しみながら快調に進み、奥駈道出合に到着!
皆さんここで小休止されている!ここからトンネル西口まで30分の下りだ!

110503-1422.jpg  110503-1432.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1450】・急斜面の下りは大変だ!飛ばしすぎて何組か道を譲ってもらった。
・・・がすぐに前がつかえてきた!ここも皆さんを追い立ててしまって、譲ってもらった!
どうもすみません!N氏(中)の姿は全く見えない!

110503-1437.jpg  110503-1450.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1502】・奥駈道出合からの急斜面を無事下りきり、谷にかかる木の橋まで戻ってきた!
ここからなだらかなところをしばらく進むとトンネル西口の登山道口まで帰ってきました!
車は全く減っていなく満車状態!N氏(中)を待っていよう!

110503-1458_20110509215358.jpg  110503-1502.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1506】・登山口に弥山小屋の案内があったことに今気がついた!
立派な小屋が身近にあるのでバリエーションも多く考えられ人気のあるルート何でしょうね!
少し遅れてN氏(中)が汗(^_^;)ビッショりで戻ってきた!無事、予定通りに進んでよかった!

110503-1503.jpg  110503-1506.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
【1600】・一日がんばったご褒美に温泉に寄って来た!
洞川温泉です!ここがけっこう流行っていて、超満員で活気にあふれたいい温泉でした!
600円とお手頃で十分にリフレッシュ出来、生き返りました!おすすめです!

110503-1637.jpg

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

今回の「山ある記」は以前から登ってみたいと思っていたので実現できよかった!

大峯は世界遺産だけあって、スケールの大きさに感動でした!

また、奥駈道のどこかに合流したいですね!奈良の奥深さを感じた一日でした!

ではこれで、おし・ま・い です!次回をお楽しみに・・・!

bye-bye バイバイ 

あっそうだ!・・・

・・・次の「山ある記」は大阪南部の岩湧山になりそうですね!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

お疲れ様でした。しかし、本格装備になぜ「ゆうちょ」のレジャーシート?
【2011/05/10 13:01】 URL | Y氏大 #- [ 編集]

鋭い!ご指摘・・・
さすが、Y氏(大)様そこを突いてくるとは、恐れ入りました!
なぜか、N氏(中)のお気に入りのアイテムの一つで旅には欠かせないようです。

見逃してクダサレ・・・(笑)

いつかご一緒しましょう!
【2011/05/11 10:12】 URL | I氏(中) #- [ 編集]


ゆうちょ、あかんかなぁ…
ひとつぐらい遊びのアイテムをと思ったんです。

今度、きてぃちゃんにするわ!
【2011/05/22 21:57】 URL | ゆうちょ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hayabusa02.blog114.fc2.com/tb.php/69-3c5c0a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。