山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 104.武奈ヶ岳(撤退)~坊村・明王院-P846冬道-御殿山-ピストン~**山ある記 >
140219-0000.jpg




※御殿山 1,097m
 (武奈ヶ岳1,214m)
  


14年2月19日(水)最高気温(大津) 5.7度(最低 1.8度)御殿山山頂 -7~-8度 曇り時々晴れ

<コースタイム>
  坊村・明王院 08:16 → P846(冬道分岐)10:21 → イオウハゲ付近(夏道合流点)10:53
  → 御殿山山頂 11:14(小休止)→途中でランチ(11:40~12:29) → 坊村・明王院 13:41







メンバー:N氏(中)・I氏(小NO.2)と3名


皆さん! こんにちは 只今より第104回「山ある記」をはじめます!

今回は、武奈ヶ岳を目指して坊村から登りましたが、御殿山で撤退!

武奈ヶ岳はガスがひどく、強風でもあって、また御殿山から西南稜方面にはトレースも
全くなかったのでここまでとしました!

しかし雪山を十二分に楽しめたので満足です!

特に、イオウハゲ(夏道・冬道合流地点)から御殿山への登り途中にある、積雪樹林帯のトンネルが
素晴らしかったですね!

武奈ヶ岳には是非、青空のある時にまた行来たいですね!

では、スタートです!


【0743】・坊村へ向かう途中の、花折れトンネルを出たとこ付近の様子!
まずまずの雪の量ですね!

140219-0743.jpg


【0816】・準備を整え、明王院の橋を渡ってスタートです!
橋の上が完全に凍っていていやな予感!まだアイゼンは装着してません!


140219-0816.jpg


【0818】・御殿山コースの第一歩がまったく無理なほど凍ってました!
ここでアイゼンをまず装着です!ここから激・激・激 急坂が続いて行きます!

140219-0818.jpg


【0834】・ガチガチに凍った 植林地の氷の急斜面を登って行きます!
アイゼンがしっかりと効いてガンガン行けますね!


140219-0834.jpg


【0902】・軽快に植林地を登って行きます!
油断するとこけるので慎重に・・・


140219-0902.jpg


【0921】・1時間ほどかけて、植林地を抜けたが雪の量が一気に多くなってきた!

140219-0921.jpg


【0925】・大岩のある休憩ポイント付近にやって来ました!
このあたりはふかふかの雪がいっぱいです!
この先は急坂が待ってますね!

140219-0925.jpg


【0930】・急坂を登り始めると雪も多くここは大変だ!
トレースも薄く、N氏(中)がルート工作中です・・・!

140219-0930.jpg


【0932】・この斜面はヤバかったですね!N氏(中)新道が完成です!
この上の棚まで頑張って登って、ワカン装着です!ラッセル ラッセル・・・!

140219-0932.jpg


【0952】・ワカン装着完了です!さあ、ガンガン登ります!

140219-0952a.jpg


【1003】・登れるところは、直登しますので、傾斜がきついですね!
N氏(中)・I氏(小NO.2)が頑張っています!
私は、楽しすぎです・・・!

140219-1003.jpg


【1017】・まもなくP846にさしかかり、この先に冬道・夏道分岐です!

140219-1017.jpg



【1021】・ここが分岐で、尾根を登り冬道に突入です!
一層、雪が深くなってきました!

140219-1021.jpg


【1033】・北斜面が開けると、強風が抜けて行きます!

140219-1033.jpg


【1044】・吹きだまりの積雪が凄い!雪庇が見られます!
慎重に通過しますが、風が凄い・・・!あー寒・・・!

140219-1044.jpg


【1053】・冬道を一気に登り切り、夏道との合流点に着きました!
ここは開けた展望地で雪の吹きだまり量が凄いですね!

140219-1053.jpg


【1057】・樹林帯のトンネルが心地よかった!
無風状態でなんとなく温かい感じで・・・
北側の樹林が完全に雪で封鎖されてこの状態になったのですね!雪の壁になってました!

140219-1057.jpg


【1102】・樹林帯を抜け、I氏(小NO.2)が登って行きます!
もうすぐ、御殿山山頂です!

140219-1102.jpg


【1114】・御殿山山頂です!ここまではなんとか登ってこれました!
バックには、武奈ヶ岳に続く西南稜ですが、武奈ヶ岳はガスガスで残念な感じです!
この先ワサビ峠に下りて、西南稜へ向かうか考えましたが、トレースも全くなく
天候も悪いので、小休止後今回はここで撤退としました!

140219-1117.jpg


・琵琶湖方面、コヤマノ方面の展望はこんな感じです!

140219-1125.jpg


【1127】。風も強く、寒いので撤退しましょう・・・

140219-1127.jpg


【1134】・下山します・・・樹林帯のトンネルでランチにしょう!

140219-1134.jpg


【1140-1229】・ランチですよー!樹林帯のトンネルは無風で快適です!
早速N氏(中)はスープを作っていた!

140219-1150.jpg


・いい感じのランチポイントです!ここはいい場所を発見しました!

140219-1156.jpg


【1229】・楽しいランチも終わり、この先の冬道から下りて行きます!

140219-1229.jpg


・一瞬、陽がさしてきました・・・このとおり綺麗なところです!

140219-1231.jpg



140219-1231a.jpg


【1234】・快調に飛ばす N氏(中)!急斜面を激 下山です!


140219-1234.jpg


【1240】・スノーシューをはいた2人が登ってこられました!
今日は初めて人に出会いましたね!


140219-1240.jpg


【1244】・またまた 登ってこられました!

140219-1244.jpg


【1324】・植林地手前でワカンをはずして、アイゼンで下ります!
まだ、完全に凍ってますが、アイゼンがよく効いて快適です!

140219-1324.jpg


【1341】・無事、3名とも帰還しました!

140219-1341.jpg



お・し・ま・い です!


バイバイ 











スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hayabusa02.blog114.fc2.com/tb.php/139-74fa9fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。