山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 78.八淵の滝~ガリバー旅行村~魚止の滝~七遍返しの滝- **山ある記 >
12年7月25日(水)最高気温(京都) 34.6度(最低 24.3度) 曇り時々晴れ
                 
  
【コースタイム】
  ガリバー旅行村 09:11 → 魚止の滝 09:41 → 障子の滝 09:51 → 大擂鉢 10:23(小休止)
   → 貴船の滝 10:38 → 武奈ヶ岳方面 広谷分岐手前 10:57(ランチ~12:56)
   → 七遍返しの滝 13:07 → 武奈ヶ岳方面 広谷分岐 13:21→  大摺鉢 13:43
   →  ガリバー旅行村 14:15




皆さん~こんにちは!(笑)只今より、第78回「山ある記」をはじめます!

今回は、1年ぶりに高島市にある八淵の滝めぐりの旅に行ってきました!
八淵の滝は日本滝百選にも選ばれている素晴らしいところであり、先日の雨で増水していて、
迫力のある流れに感動しました!

昨年は、魚止の滝と超キケンな障子の滝へ行来ませんでしたが、今日はチャレンジをしてきて
強烈な洗礼を受けてきました!
さすがに、ビビリましたね!久々に命の危険を感じ 疲れました!

しかし、N氏(中)のサポートのおかげで、I氏(小)・I氏(小NO.2)とともに無事良い旅が出来て良かった!

緑豊かな清涼感あふれる山は素晴らしい!

さあ、スタートです!


【0911】・ガリバー旅行村に着きました!

120725-0911.jpg


【0921】・売店から10分ほどで、登山口の案内板にやってきた!
ここで、N氏(中)のレクチャーを受け、突入です!気を引き締めよう!

120725-0921.jpg

日本滝百選
【八淵の滝:(やつぶちのたき)】
魚止の滝:魚がこれより上流には登れないという意味でつけられたのだろう
障子の滝:障子を立てたような滝で、二段になっている(超キケン・キケン)
唐戸の滝:障子の滝の奥に見える、S字形の滝が唐戸の滝
大摺鉢 :広い大きな滝つぼがあり大摺鉢の名がついたのだろう
小摺鉢 : 大摺鉢の滝の上方に小さな滝つぼがあり、見落として行く人が多いらしい
屏風滝(淵): 屏風を立てたような岸壁の間から流れ落ちているのが屏風滝(淵)
貴船の滝:屏風滝(淵)の奥に控えている落差30mもあろう、両岸壁の間に
     挟まれている
七遍返し:貴船の滝から川沿いの道を進むと丸太橋の後ろに見えるのが七遍返し



【0928】・安全に大擂鉢へ行くか、キケンな魚止の滝・障子の滝へ向かった!ドキドキだ!

120725-0928.jpg


・ここから先の障子が淵(滝)方面はキケンの看板あり!

120725-0931.jpg


【0934】・最初の徒渉ポイントが現れた!いよいよ戦闘開始です!
このような徒渉を幾度となく繰り返していくのだ!
見た目以上に流れが急で、岩がすべり怖い!I氏(小)はまらへんかな(笑)


120725-0934.jpg


【0937】・一難去ってまた一難!岩の壁が現れた!

120725-0937.jpg


・このあたりの岩はすべって怖いですね!

120725-0940.jpg


【0941】・ここが「魚止の滝」です!ここからが本番です!
どこを登るか?左岸にルートが伸びているようです!

120725-0941.jpg


・険しさが増してきましたね!

120725-0943.jpg



120725-0949aa.jpg

【0949】・ボチボチ登っています!



快調 快調・・・!




この先は、いよいよ 難関の障子の滝

が待っている!















・難所を進むが、ここまでは楽しいコースですね!


120725-0950.jpg



【0951】・いよいそ 障子の滝に近づいてきた!
ちょっと登れそうない雰囲気で、その前に急流の徒渉が待っている!

120725-0951.jpg


・流れが急で、また滝の轟音がプレッシャーになりますね!

120725-0953.jpg


・対岸に渡ったが、登れそうもないのでN氏(中)の到着を待って、先に登ってもらうことに・・・!
さすが、N氏(中)はいとも簡単に登っていた!
こののぼりは、恐怖感があり、2,3歩目がなかなか決まらない!

120725-0953a.jpg


・なんとか難所を登り切り、最後の梯子で余裕!?のショット!
マイナスイオンをたっぷり頂きました!

120725-0950cc.jpg


・I氏(小)が登って来たのには驚いた!途中でリタイヤするかもしれないと思っていたが・・・!
素晴らしい 笑顔だ!

120725-0950dd.jpg


・I氏(小NO.2)は全くの余裕で、高いポテンシャルを見せていた!
後ろは断崖絶壁でこの余裕は凄い!

120725-0950ee.jpg


【1002】・滝の上部には、激・激・激 急斜面が待っていた!
この斜度はえげつない!ここは下り禁止の斜面です!登り切れば、間もなく大擂鉢だ!

120725-1002.jpg


・懸命に登るメンバー達!

120725-1003.jpg



【1023】・大擂鉢に着いた!ここで小休止だ!

120725-1023.jpg



【1033】・大擂鉢からすぐに屏風ケ滝が奥に見えてきた!
このさらに奥に、第二の難関の貴船の滝が待っている!

120725-1033.jpg



【1038】・貴船の滝に到着だ!さあ、戦闘開始で頑張ろう!
まずは、下りが最難関であり、徒渉ポイントに安全のため鎖が張られているが、でっかい木が流れてきて
鎖が下流に引っ張られて、下降は鎖なしになりそう!

120725-1038.jpg



・難関ポイントはN氏(中)の登場で、頼みます!ここは危ない、キケンだ!
ガンバレ、・・・さすがにN氏(中)はスムーズに下りて行った!

120725-1039.jpg


・みんな 頑張れ!N氏(中)のアドバイスで一歩、一歩慎重に下降中!
岩がつるつるで怖いですね!

120725-1042a.jpg



・I氏(小)がはまりかけている!大丈夫かな?(笑)


120725-1043.jpg


・この景色はすばらしい!ここはいいところですね!鉄はしごを登り切れました!

120725-1044.jpg



・滝の左岸の絶壁を慎重に登って行く!黄色いバーがありがたい!
この上にはまだまだ垂直の壁が待っている!

120725-1045.jpg



【1047】・さあ、最後の難関が立ちはだかっている!
ここは問題ないだろう!

120725-1047.jpg


・I氏(小)も頑張って登ってきた!登り切れば、ランチだ!

120725-1050.jpg


【1055】・貴船の滝の岩場を登り切り、上流部の広い河原が現れた!
明るく、雰囲気もいいのでこの辺でランチ場所を探した!

120725-1055.jpg


・ここでランチです!涼しいですね!いい場所です!

120725-1057.jpg


【ランチ開始1057~1256】・すぐにいい場所が見つかったので、早速準備に取り掛かる!
BEERもあり今日はなんか豪勢な感じ。I氏(小NO.2)が気合いが入っている様子!

120725-1117.jpg


・I氏(小NO.2)のお料理教室!美味そうですね!

120725-1123.jpg


【1307】・ランチの後、更に上流にある 七遍返しの滝に行った!
これも立派な流れがあり迫力のある滝だ!

120725-1317.jpg


・滝の大きさがわかりずらいので、中央 右側にN氏(中)が写っています!けっこうでかいですよ!

120725-1317a.jpg



【1344】・大摺鉢に戻って来ました!


120725-1344.jpg


・実はこれがしたかったですね!メチャメチャ 楽しそうで・・・気持よさそうですね!

120725-1349.jpg



【1415】・無事、戻って来ました!お疲れ様でした(笑)

120725-1415.jpg




今回の旅は、N氏(中)のおかげで無事楽しめました!

スリルがあり、ランチも楽しめ そしてなんか自分が少し大きくなったような気分ですね!

いい経験ができました!



しかし、障子の滝は怖かったですね!

次回は、いよいよ 八ヶ岳へ行くのかな!(笑)


どんな旅になるのか 楽しみですね!
山小屋は、赤岳展望荘にお世話になります!



では バイバイ 







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://hayabusa02.blog114.fc2.com/tb.php/109-3d342f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。