FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 112.大文字山~毘沙門堂-山頂-火床-御陵 **山ある記 >
20140820-0000.jpg

・大文字山 466m  

14年8月20日(日)最高気温(京都) 35.0度(最低26.5度)
                 
<コースタイム> 
    山科駅 09:40 → 毘沙門堂 09:51 →  →後山階陵分岐 09:57 → 
    東山トレイル44-2 10:43 → 東山トレイル45 10:48 → 大文字山山頂 10:53 → 
    火床 11:11(小休止) → 山頂 11:42 → 東山トレイル44-2 11:54 → 
    七福思案処 12:27 → 御陵分岐 12:36 → 三条通り 地下鉄御陵駅 12:57






皆さーん!こんにちは 只今より第112回「山ある記」をはじめます。

毎日 暑いですね! 今日は軽く 大文字山に行ってきました!
JR山科駅からスタートして、毘沙門堂経由で後山階陵分岐から山頂に行きました!

先日の台風や大雨で、ルートは更に荒れていましたね!

大文字山は人々から愛されている山なので今日も多くの方々が登られてましたね!

では スタートです!


【0905】・自宅近くの山々です!綺麗な空ですね!でもかなり暑いです!
これから大文字山へ向かいます!

20140820-0905.jpg


【0940】・今日は暑すぎて、JR山科駅まで地下鉄で来てしまった!
スタバ前からスタートです!

20140820-0940.jpg


【0947】・途中にある琵琶湖疎水です!

20140820-0947.jpg


【0951】・JR山科駅からずーと登りですが、毘沙門堂までとりあえず
軽く走ってきた!

20140820-0951.jpg


【0956】・春秋山荘 手打ちそば懐石料理のお店ですが、今は移転され
三条神宮道にあるそうです!

20140820-0956.jpg

【0957】・後山階陵分岐から大文字山に向かいます!

20140820-0957.jpg

・分岐からすぐに野外活動センターの山科やまのいえがあります!

20140820-0959.jpg


【1000】・昨年の台風で崩落したところを復旧されたが、今回またそこが
崩れていた!

20140820-1000.jpg


【1005】・こんな感じで荒れています!

20140820-1005.jpg

【1016】・大規模な崩落地点です!慎重に通過します!

20140820-1016.jpg


【1028】・分岐です!右は、四つ辻のトレイル45へのルート、
左は、すぐに尾根に合流してトレイル44-2を経由して、四つ辻に行くルートです!
今回は左からトレイル44-2を目指します!

20140820-1028.jpg


・美しい森です!

20140820-1028a.jpg


【1036】・尾根合流です!

20140820-1036.jpg


【1043】・東山トレイル44-2です!直進が山頂、左は南禅寺、蹴上方面です!

20140820-1043.jpg

20140820-1043a.jpg


【1048】・もうすぐ、四ツ辻ですね!

20140820-1048.jpg

・トレイル45が見えてきました!

20140820-1048a.jpg


20140820-1048b.jpg

【1053】・大文字山山頂です・・・466m!

20140820-1052.jpg

【1053】・山頂からの展望です!いいですね・・・・

20140820-1053.jpg


【1105】・山頂から火床へ向かう途中には、先日の送り火に使われている
薪がたくさん置いてあります!

20140820-1105.jpg


【1111】・山頂から約120m下ったところに、火床があります!
ここからの眺めはいつ見てもいいですね!

20140820-1111.jpg

・しばらくここで休憩です!

20140820-1111a.jpg

20140820-1111b.jpg


・先日の送り火の炭がまだ残っています!

20140820-1113.jpg

・ここが「大」の字の中心です!

20140820-1118.jpg

【大の大きさ】・でっかいですね!

photo_d_i02_20140822214736ea2.jpg


【1206】・十分に楽しんだ後、山頂へ再び登りそのあと、トレイル44-2から
蹴上、南禅寺方面へ向かいます!

20140820-1206.jpg

【1215】・山科方面への分岐がありましたが、七福思案処方面へ進みます!

20140820-1215.jpg

20140820-1215a.jpg

【1221】・途中の山科方面の展望ポイント!

20140820-1221.jpg

【1227】・七福思案処まで下りてきました!ここは交通の要所なので
分岐がたくさんあります!

20140820-1227.jpg

・御陵方面へ向かいます!

20140820-1227a.jpg


【1232】・このルートはあまり人の気配はありませんが、こんな標識がちゃんとあります!

20140820-1232.jpg

【1236】・しばらく下りが続いて、この木橋を渡れば分岐です!

20140820-1236.jpg

・この標識があります!

20140820-1236a.jpg

【1246】・永興寺横の疎水のある広場に出ました!

20140820-1246.jpg

・この疎水にかかっている橋は、山の谷(黒岩)橋と言うそうです!
この先(市内寄り)に疎水を進めば、日本で最初のコンクリート橋があるそうです!
次に行ってみます!

20140820-1248.jpg

20140820-1247.jpg

【1252】・すぐに住宅街があり、鏡山地蔵尊がありました!

20140820-1252.jpg

・傍には、こんなお花がありました!

20140820-1253.jpg

【1257】・本日のゴールです!三条通りにある地下鉄 御陵駅です!

20140820-1257.jpg



これで お・し・ま・い です!


バイバイ  bye-bye












スポンサーサイト
< 111.八ヶ岳(赤岳)~美濃戸口~南沢~地蔵尾根 **山ある記 >
14081213-0000.jpg


・八ヶ岳(赤岳) 2899.2m 日本百名山

 14年8月12日(火)~13日(水) 天気12日 大雨 ・ 13日 晴れ時々曇り 
              気温山頂付近 13日 最高14度(最低10度)


行程
11日(月) 栗東IC 23:30 ~ 南諏訪IC 03:30
12日(火) 美濃戸口P 04:00(仮眠 ~07:00)→出発 07:32→美濃戸山荘 08:33(小休止~08:54)
     →(南沢ルート) 行者小屋11:56(ランチ~12:41)→地蔵の頭14:02→赤岳展望荘14:10(宿泊)
     夕食17:15・・・消灯 21:00 
13日(水) 赤岳展望荘  朝食05:15 出発06:36→赤岳山頂07:12(小休止~07:38)→文三郎尾根ルート
     →行者小屋09:06(小休止~09:39)→赤岳鉱泉10:20→(北沢ルート)→堰堤広場11:22→
     美濃戸山荘12:05(ランチ~12:40)→美濃戸口P13:24


*メンバ-:I氏(小)・I氏(小No.2)・私の3名

*駐車場は美濃戸口の八ヶ岳山荘駐車場(500円/日)
*高速代 行き:4,690円  帰り:6,700円 計11,390円

工程は、最初美濃戸口から美濃戸山荘までログを取るのを忘れていた およそ2.5kmをプラスして
合計 20.5kmくらいではと思います!




皆さーん!こんにちは 只今より第111回「山ある記」をはじめます!
夏山遠征に行ってきました・・・八ヶ岳に  やっと行けました!
過去に2回中止になっていて、3度目の正直で実現できましたね。

8月11日の深夜に出発し、しかし家に迎えに来てくれたI氏(小)が登山用のパンツ(ズボン)忘れたって・・
取りに帰って、ドタバタのスタートで、美濃戸口の駐車場(八ヶ岳山荘)に4時に着いて仮眠。

朝、雨音で目を覚まし、テンションだだ下がりでとにかく登山開始しました!
南沢ルートで行者小屋を目指しましたが、大雨で全身びしょ濡れ状態、川(沢)も増水していて、
難儀な徒渉が続出・・・危険個所もありましたね!
おかげで、靴の中もドボドボでした!

なんとか、行者小屋について美味しいランチを頂いて、少し落ち着けた!
雨の状況も小雨だったので、休憩後、今日の宿に近い地蔵尾根に向かった!

急坂の連続でI氏(小)のペースも上がらない・・・途中でここが登れるのか心配したが
なんとか着いてきていた。いよいよ難所のはしご・くさり場が出て来たが強風が恐ろしい・・・
しっかりつかまっていないと飛ばされそう、そして雨ですべって落ちそうで・・・
また、ガスガスで全く見通しが効かないが、なんとか登り切れた!

2日目は天候は回復したが、あいかわらず風がきつい!
I氏(小)が昨夜からプチ高山病で辛そうだった・・・

横岳・硫黄岳には行けなかったが、満足のいく旅になりました!

前置きが長くなったが ではスタートです!


【0732】・美濃戸口にある八ヶ岳山荘からスタートです!
大雨が降っているので、ややテンション下がり気味・・・・
まずは、美濃戸山荘まで約1時間の行程です・・・とりあえず進みます・・・

140812-0732.jpg


【0738】・こんな林道を1時間歩きます!ここも車で入れるらしいが、道路が
凸凹状態で道幅も狭いらしいので、やめといた!

140812-0738.jpg


【0819】・やまのこ村通過です!

140812-0819.jpg


【0824】・赤岳山荘で一時雨宿り・・・I氏(小)も少しお疲れ気味・・・

140812-0824.jpg


【0833-0854】・美濃戸山荘までやって来ました。黙々と歩いてぴったり1時間!
ここで小休止・・・ここからいよいよ 南沢へ突入です!

140812-0833.jpg


【0902】・南沢に突入してすぐにこんな流れに遭遇・・・
このあと、徒渉の連続です!森に入ってから、雨が一段と強くなり湿度が高くカメラのレンズが・・・

140812-0902.jpg


【0913】・まだまだ序の口です・・・

140812-0913.jpg


【1006】・しばらくこんなところを進みます!
晴れていたら、すばらしい景色なんでしょうね・・・

140812-1006.jpg


【1008】・増水して流れが見た目以上に早い・・・

140812-1008.jpg


【1013】・難所で、前後渋滞中です・・・以外と行けました
こんな感じの徒渉続きで、ゴアのシューズがドボドボです・・何回もはまってますから・・・

140812-1013.jpg


【1024】・こだまの森が現れました!神秘的な雰囲気ですね。

140812-1024.jpg


【1045】・ここは慎重に・・・

140812-1045.jpg


【1115】・河原歩きか?森の中か? プチ迷走して 森に踏み跡発見!

140812-1115.jpg


【1147】・途中の河原で、I氏(小)待ちです!

140812-1147.jpg


【1156】・どしゃ降りの中、ようやく行者小屋に着きました!

140812-1156.jpg

・どぼどぼのI氏(小)がやってきた・・・ここでゆっくりランチにしよう!

140812-1200.jpg

【1214】・やっぱり、ここはおいしい特製ラーメンで温まります・・・
I氏(小No.2)は特製カレーライスをチョイス!プラスおにぎりだ!
ここでしばらく休憩です!下りてきた方々がほとんどだが、これから登る方々などでごった返してます!

140812-1214.jpg


【1241】・出発準備が整って雨の中行きますか・・・

140812-1241.jpg


【1243】・行者小屋の裏の登山口から地蔵尾根を登ります!
雨は止みそうにありません!この先、はしご、岩場が多いので慎重に行こう!

140812-1243.jpg


【1253】・最初はこんな感じの登りがしばらく続きます!
けっこう傾斜はきついですよ・・・

140812-1253.jpg


【1317】・いよいよ はしごが出てきましたね!これが怖いです・・・
雨ですべるし・・・この先いくつも出てきます・・・

140812-1317.jpg


【1341】・クサリの岩場が現れました!えっ・・・これ登れる?と一瞬思うが、
ホールドもたくさんありなんとか登れました!でも、怖いところもありますよ・・・

140812-1341.jpg

【1346】・いろんなアスレチックが現れます!ここは右が切れ落ちていますが、
ガスのため高度感がわからず恐怖感はなかったですね!

140812-1346.jpg

・ここにお地蔵さんがありました!

140812-1348.jpg

【1349】・稜線が近づいているはずですが、ガスで見通しが効きません!
後ろのI氏(小)の姿が見えないが・・・登って来れるだろうか・・・?

140812-1349.jpg


【1355】・I氏(小No.2)のスピードが上がりましたね!険しいルートがまだ続きます!

140812-1355.jpg


・前方から下山者が来られようです!すれ違い待機です・・・
雨の日に、ここを下りるのは嫌ですね・・・・
上に行くほど、風が強くなってきましたね・・・落ちないように・・・

140812-1356.jpg

【1402】・地蔵尾根を登り切り、地蔵の頭に着きました!
お地蔵さんが見守っていてくれました・・・
ここは切り立った稜線上のため、台風のような強風が吹いています!まっすぐに立ってられませんね・・・
I氏(小)の到着を待とう・・・と思いましたが・・・とりあえず、小屋に荷物を預けてすぐに戻って来ました!
今日の宿の赤岳展望荘はこの稜線上すぐにあります!

140812-1402.jpg


【1410】・強風の稜線をしばらく進むと、赤岳展望荘に着きました!
ひと安心ですが、I氏(小)を迎えに行こう・・・・

140812-1410.jpg


140812-1410a.jpg


【1423】・I氏(小No.2)と再び地蔵の頭まで戻って、I氏(小)の到着を待った!
ガスでなかなか姿が見えないが、すぐに声が聞こえて安心した!
地蔵の頭から小屋への稜線上は台風並みの強風だった!I氏(小)が懸命に難所を通過中です!

140812-1423.jpg


【赤岳展望荘】
一泊2食付きで、9,000円でなんとお風呂があります!食事は夕食・朝食ともバイキングです!
さらに、専用コップを頂き、コーヒーとお茶が飲み放題です・・・ありがたい・・・

(入口付近から内部・・・食堂)
140812-1425a.jpg

(乾燥室の状況)
140812-1430a.jpg


【1710】・バイキングの夕食です!これが結構美味しいですよ!
早い夕食が終って、本当はゆっくり外の景色を楽しむところですが、暴風雨のため外には出られず!
とろあえず、寝ますか・・・

140812-1710.jpg

【2053】・消灯は21時です!大部屋はこんな感じです!

140812-2053.jpg

・I氏(小N0.2)がお休みです・・・では、明日・・・晴れますように・・・

140812-2055.jpg


8/13(水)

【0456】・恐ろしい強風だが、奇跡的に晴れていた・・・夜明けです・・・

140813-0456.jpg

・富士山もこの通り、姿を現してくれました!昨日頑張ったご褒美でしょうか・・・

140813-0456a.jpg


【0510】・朝ごはん いただきま-す・・・

140813-0510.jpg

・しかし、I氏(小)の様子がおかしい・・・プチ高山病かもしれない・・・頭痛、吐き気、食欲不振・・・
横岳・硫黄岳に行く予定していたが、変更しよう!早く下りるために、赤岳に登って文三郎尾根から
行者小屋に下りよう・・・ I氏(小)もうすこし頑張ってください

140813-0510a.jpg


【0632】・横岳方面の展望です!

140813-0632.jpg

・遠くの北アルプス方面と行者小屋、赤岳鉱泉が見えています!

140813-0632a.jpg

【0636】・赤岳山頂に向け出発です!

140813-0636.jpg

【0647】・意外に厳しい登りです!

140813-0647.jpg


【お花】・このお花がたくさん咲いています!

140813-0647a.jpg


【0701】・だいぶん、近づいてきました!あと一息です!

140813-0701.jpg


【0703】・振り返ると、赤岳展望荘があんなに下に見えますね!
それと、I氏(小)が頑張っている姿が見えますか??

140813-0703.jpg


・横岳から北八ヶ岳方面の展望です!(こっちのカットの方がいいかな?・・・)

140813-0707.jpg


【0708】・赤岳山頂に建っている、赤岳山頂荘です!
赤岳の三角点のある山頂はこの先にあります!

140813-0708.jpg


・お花が咲いています!

140813-0708a.jpg


【0711】・山頂が見えてきました!にぎやかな様子ですね!

140813-0711.jpg


【0720】・赤岳登頂です!おめでとう・・・2899.2mです!
富士山をバックに記念写真を撮っていただきました・・・・

140813-0720.jpg


・いい眺めです!

140813-0720a.jpg


・たぶん、中央アルプス、南アルプス方面の展望です!

140813-0720b.jpg


・遠くに見えるのは、北アルプスの山々です!

140813-0720c.jpg


【0735】・さあ、下山しようか!厳しい、文三郎尾根から行者小屋をまず目指します!

140813-0735.jpg

【0740】・ここからけっこう、厳しい下山になりそうです!
慎重に権現岳方面に下り、文三郎尾根へ向かいます!

140813-0740.jpg

・しばらく こんな感じで下りて行きます!見た目より怖くないです!石はしっかりしています!

140813-0740a.jpg

・I氏(小)はどんどん下降していきますね!

140813-0743.jpg

・分岐です、中岳 文三郎尾根方面に向かいます!

140813-0744.jpg


【0754】・まだまだ続く・・・

140813-0754.jpg


【0759】・キレット分岐です!こんな斜面を下りてきました!

140813-0759.jpg


【0759】・阿弥陀岳・中岳方面の展望です!

140813-0759a.jpg

【0808】この分岐から進路を北西にとり行者小屋までの文三郎尾根がはじまります!
登りには厳しい(下りも厳しい)階段が続きます・・・

140813-0808.jpg


・こんな下りですね・・・・がんばります!

140813-0808a.jpg

・下山家(下りのスペシャリスト)I氏(小)がマンモス、マンモス・・・と騒いでいます!
良く発見しました・・・ 下りはさすがに順調ですね!

140813-0809.jpg


・これです  マムート 階段だったんです!

140813-0809a.jpg

【0825】・迫力の岩壁です!

140813-0825.jpg


【0834】・行者小屋が見えています!ちょうど荷揚げのヘリがやってきています!
わかりますか?・・・・

140813-0834.jpg


【0906】・行者小屋まで下りてきました!休憩です・・・約550m下りました!
先ほどのへりは、このドラム缶を運んで来たのですね!

140813-0906.jpg

・昨日は、後ろの壁を登りました!

140813-0919.jpg

【1006】・ここから、赤岳鉱泉に向かい、北沢から美濃戸山荘を目指します!

140813-1006.jpg


【1011】・途中でヘリポート発見です!

140813-1011.jpg


【1017】・赤岳鉱泉に着きました!

140813-1017.jpg

・少し休憩後先を急ぎます!

140813-1024.jpg


【1032】・赤岳鉱泉を出発して、北沢ルートを進みます!
すぐにこんな橋が出現し、これから先何度も渡ることになります!
ここは立派な橋がかかっているので、安全なルートのようです!

140813-1032.jpg


【1039】・すばらしい風景です!いいですね・・・

140813-1039.jpg


【1047】・順調に進んでいたI氏(小)ですが、突然 橋の金具に引っかかって
ドカーンと倒れて、川へ落ちかけた!危なかった (笑) (笑)・・・

140813-1047.jpg


【1059】・こんな感じで渡っています!

140813-1059.jpg

・こんな お花を発見!

140813-1059a.jpg


【1101】・今日はいい天気なので、多くの方が登って来られます!
65リッターのザックを背負った 山ガールです!凄いな~!!

140813-1101.jpg

【1116】・癒されますね・・・・!

140813-1116.jpg

【1122】・堰堤が現れました・・・I氏(小No.2)は飛び込む準備完了・・・・

140813-1122.jpg


【1142】・「山の神」様です!無事にここまで来れました!ありがとうございます。
あと、もう少し お守りください!

140813-1142.jpg


【1205】・戻って来ました!とりあえず「腹減ったー・・・」
ここで、ランチです!しばし休憩です!

140813-1205.jpg

・この天ぷらそばが美味しかった!I氏(小)も高山病は改善し、肉そばを軽く平らげてました・・・

140813-1214.jpg


・ここは交通の要所で、次から次へと到着されます!さあ美濃戸口まであと1時間!

140813-1235.jpg

【1322】・長い 長い林道を進んで、まもなくゴール!

140813-1322.jpg


【1324】・スタート地点の八ヶ岳山荘がある美濃戸口に戻って来ました!
お疲れ様でした!

しかし、I氏(小)は最後までよく頑張りました!なんやかんや 凄いわ・・・

なかなか ツワモノですね・・・

140813-1324.jpg


この後は、すぐに近くにある 樅の木温泉に直行です!

温泉のあと、諏訪南ICから高速に乗って、恵那峡SAなどによりながら、無事 21時ころ帰宅出来ました!

これで お・し・ま・い です!


バイバイ 





プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。