FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 94.堂満岳-イン谷口-ノタノホリ-金糞峠-青ガレ~**山ある記 >
 ※堂満岳1057m(どうまんだけ)   


13年7月31日(水)最高気温(京都) 34.3度(最低 23.8度) 曇り時々雨

<コースタイム>
 イン谷口 07:03 → ノタノホリ07:39 → 東稜道尾根分岐 08:36   → 堂満岳山頂09:49(小休止)  
 → 縦走路合流 10:24 → 金糞峠 10:36~ランチ10:56 → 青ガレ 11:29  → 隠れ滝 12:00
 → 大山口 12:18 → イン谷口 12:39



メンバー:I氏(小)、I氏(小NO.2)の3名です!N氏(山ガール)は寝坊で欠席!






皆さーん!こんにちは(笑)
只今より、第94回「山ある記」を始めます!

今回は、比良山系の堂満岳にアタックしてきました!I氏(小)の夏トレが目的で・・・・
急斜面が連続する堂満の東稜道ですが今日のI氏(小)はほぼコースタイム通りの
素晴らしいパフォーマンスを発揮しました!

天候は朝から曇天であやし雰囲気で途中、雨に降られましたがなんとか楽しめました!


さあ、スタートです!


【0637】・これから登る堂満岳方面ですが、天気があやしい!
ボツボツ 雨も降りだした!

130731-0637.jpg


【0654】・登山口のイン谷口について、準備中のI氏(小)!
今日は、頼みますよ・・・頑張って歩いてくださいよ!
目標はコースタイムどうりに歩くことです!

130731-0654.jpg


・出発準備も完了です!

130731-0700.jpg


【0703】・さあ、出発です!イン谷口から橋を渡って、ノタノホリに向かいます!
標準タイムは45分です!さて出だしはどうかな?
ここからは、足場の悪いガレ道が続き、この先は傾斜もけっこうきついです!

130731-0703.jpg


【0708】・危なかった、桜のコバとの分岐を見逃すところだった!
とりあえず、I氏(小)のペースで進んでいきます!(ケツをたたきながら・・・)

130731-0708.jpg


・途中、別荘地を抜けて行きます!

130731-0714.jpg



【0721】・でっかいキノコ発見!I氏(小)が飛びついた!(笑)
「いただきまーす!!」お味は・・・?
これは本当に食べられるのかな??今日は調子がよさそうだ!

130731-0721.jpg


・厳しい登りになってきた!狭い花崗岩のザレた山道を進むが、これが適度に湿っていて歩きやすい!

130731-0723.jpg


・I氏(小NO.2)は何事もないように、黙々と進んでいます!

130731-0724.jpg


【0739】・ノタノホリと呼ばれる池に到着です!ここで小休止です!
この静かな池にはイモリが棲んでいて、6月ころからは画面右のようなモリアオガエルが
卵塊をたくさんぶら下げます!
なかなか神秘的な池ですね!

130731-0739.jpg


・I氏(小)はとりあえず、こんな感じでへたり込んだ!注目のタイムは・・・
コースタイム45分のところ:ナント36分と驚異の記録が出た!ビックリだ!

130731-0742.jpg


・池の中には、オタマジャクシがいっぱいです!わかりますか?
【0750】さて、出発します!

130731-0744b.jpg


【0803】・ノタノホリを出発してすぐに、深谷方面にある堂満小屋との分岐があります!
進路を北西にとり、堂満東稜道に入ります!最初は緩やかな斜面をしばらく楽しめます!

130731-0803.jpg


【0814】・しばらくすると、やや荒れた谷筋に入って行き詰めて行きます!

130731-0814.jpg


【0820】・谷を詰めて、この標識が出てきたら、でっかい斜面をトラバースし、
登り切れば山頂へ続く稜線に出ます!

 
130731-0820.jpg


【0836】・斜面を登り切って、明るく広い尾根に出ました!
ここは約700m地点です!ノタノホリからのタイムは46分でした!
コースタイムは60分なので、早いです!
ここで小休止です!(~0848)このさきは厳しい登りが待っています!

130731-0836.jpg


【0850】・さあ、急斜面です!足が辛そうですが頑張ってます!

130731-0850.jpg


【0905】レスキューポイントですが、「俺をレスキューしてくれ・・・」
表情が厳しそうだが、大丈夫だろうか?先頭を変わろう!

130731-0905.jpg


【0920】・I氏(小)の様子がおかしい!足が・・・
2度ほどつっている様子だが、コムラケアのおかげで大丈夫そうかな?

130731-0920.jpg


【0923】・ここで休憩です!足が・・・つって・・・
マッサージ中です!

130731-0923.jpg

・足はダメだが、食欲だけは旺盛だ!大好きな「うずまきデニッシュ」をほおばってご満悦ですね!
さあ、ラストスパートですね!

130731-0925.jpg


【0939】・山頂直下の急斜面です!慎重に進んで行こう!
雨が降り出して大変だが、がんばれ・・・!
しゃくなげの木が多くなってくれば、山頂は近い!

130731-0939.jpg


【0949】・おめでとう!堂満岳山頂です!頑張りました!1057m!
山頂からの展望は今日は残念ながらなしで、真っ白なガスで覆われています!
雨も少しきつくなってきたので、長いせず金糞峠に向かうことにした!
ここまでのタイムは・・・!イン谷口からコースタイムは155分のところ、166分と大善戦でした!
I氏(小)が頑張りました!

130731-0949.jpg


・周りの景色は真っ白で全く展望なしです!雨もきつくなってきたので
東レ新道から金糞峠へ向かうことにした!ここから40分ほどです!


130731-0950.jpg


【1001】・山頂周辺はシャクナゲの群生地であり、その狭い山道を
下りて行きます!やや広くなると足もとは険しくなってきます!

130731-1001.jpg


【キノコ】・またまた、キノコです!これもでっかいですね!
I氏(小)が飛びつきました!

130731-1004.jpg



【1009】・堂満北壁は大迫力です!ここを雪が積もれば、多くのクライマーの方々が登って来られる!

130731-1009_20130801221643a19.jpg


【1015】・釈迦岳や琵琶湖方面の展望も今日はダメです!

130731-1015.jpg


・しばらく、険しいルートが続きます!I氏(小)も頑張っています!

130731-1018.jpg


【1024】・ようやく、縦走路に合流です!

130731-1024.jpg


130731-1024a.jpg


【1036-1056】・金糞峠に着きました!標高877mまで下りてきました!
軽くランチタイムです!
雨にぬれているせいで、やや寒いですね!今日はバーナーは持ってきてないのでコーヒーなしですね!

130731-1035.jpg


・今日はここまで誰にも会いませんね!天候のせいでしょうか?レインウエアを着て、ここから下山です!
ここからはガレ場を下りて行くので、雨で滑りやすいので、気をつけて行こう!

130731-1056.jpg


【1108】・金糞峠から下りてきた斜面です!落石に気をつけながら進んでいます!
振り返ってみたが、I氏(小)の姿がありません!

130731-1108.jpg


・美しい谷ですね!大きな石もごろごろあり足もともややスリッピーなので慎重に行こう!

130731-1112.jpg


【1122】・いよいよ難所の「青ガレ」が見えてきました!
慎重にルートを間違えないように、下りて行きます!進行方向、右端にルートがあります!

130731-1122.jpg


【1129】・無事通過しました!下りきったところに「青ガレ」の標識があります!

130731-1129.jpg



【1131】・I氏(小)とI氏(小NO.2)の姿が見えてきました!
ここは危険です!

130731-1131.jpg


【1134】・青ガレから下りて、大山口に向かいます!

130731-1134.jpg


【1157】・途中で「かくれ滝」に寄り道です!

130731-1157.jpg


【1200】・立派な滝ですね!I氏(小)が滝壺付近にマイナスイオンを
たっぷり浴びています!(実は全身ずぶぬれでしたね・・・)

130731-1200.jpg


【1218】・大山口まで戻って来ました!ここからしばらく林道と舗装路を歩きます!
ここが、意外に辛い・・・!

130731-1218.jpg


【1239】・無事、イン谷口も帰還しました!お疲れ様です!
このあと、比良とぴあ温泉にいって、リフレッシュしょう!

130731-1239.jpg




これで、お・し・ま・い です!


バイバイ 









スポンサーサイト
< 93.武奈ヶ岳-坊村-御殿山~**山ある記 >
※武奈ヶ岳1214.4m(日本ニ百名山)・・・御殿山1097m   


13年7月17日(水)最高気温(京都) 33.5度(最低 24.2度) 曇り時々晴れ

<コースタイム>
 坊村(明王院) 07:05 → 夏道:冬道分岐08:37 → イオウハゲ 09:04  
 → 御殿山山頂09:31  → 武奈ヶ岳山頂10:26~ランチ11:17 → 御殿山山頂11:55 
 → 夏道:冬道分岐12:42 → 坊村(明王院)14:10


メンバー:N氏(中)、N氏(山ガール)


皆さーん!こんにちは・・・!
只今より第93回「山ある記」をはじめます!

今回は、夏トレのため 比良山系最高峰の武奈ヶ岳に行ってきました!

前半から、ゆっくりペース進み、標準タイムを大きくオーバー!
暑さには勝てません!

心配していた、故障中の足もなんとか持ちこたえてくれ良かったです!

武奈ヶ岳への西南稜はあいかわらず、素晴らしかったですね!

燕岳に向けて、いいトレーニングになりましたね!

では、スタートです!









【0703】・大津市坊村の比良山荘さんの脇を通って明王院の登山口に向かう!

130717-0703.jpg


【0705】・赤い橋を渡って奥が登山口。右へ(東)は明王谷から奥ノ深谷へ!

130717-0705.jpg


【0708】・さあ、気合いを入れて登ります!出だしは、特に急な坂が連続する試練が待っています!
マムートのザックが光ってますね!

130717-0708.jpg


【0723】・しばらく、植林地帯の急坂を登って行きます!
今日はN氏(中)はいつになくスローペースで抑え気味です!

130717-0723.jpg


【0837】・P846付近の夏道:冬道分岐に着きました!ここは右の夏道へ!
左の冬道にはしっかりと踏み跡がついてますね!

130717-0837.jpg


【0848】・楽しみだった、谷あいに入ったが梅雨時期の雨でやや荒れていた!
この先の急斜面を登って、イオウハゲへ向かう!

130717-0848.jpg


【0904】・レスキューポイント御殿山4にもなっているイオウハゲと
呼ばれているところです!また、ここが夏道・冬道の合流地点です!

130717-0904.jpg


【0934】・御殿山山頂から西南稜~武奈ヶ岳の絶景です!
これが見たかったですね!素晴らしい・・・・!
小休止後、いったんワサビ峠に下って手前のピークを目指します!
武奈ヶ岳山頂は右端のピークの奥にあります!

130717-0934.jpg


【出会ったお花たち】
でも、名前がわかりません・・・・

130717-0935.jpg  130717-0935a.jpg

130717-0941.jpg


【0945】・御殿山から40-50m下って、ワサビ峠です!

130717-0945.jpg


【0959】・ワサビ峠からガレ場を登り切って、手前のピークに着いた!
ここからは、西南稜を武奈ヶ岳へ進んでいきます!
中央の右奥が山頂です!のんびり行こう!

130717-0959.jpg


【1010】・途中には立派なケルンがあり、ここで西南稜は東に進路が変わります!
さあ、最後の長ーい登りです・・・!

130717-1010.jpg


【1026】・武奈ヶ岳山頂です!着きました!時間がまだ早いので
貸し切り状態ですね!琵琶湖方面の展望はガスが多く全く見えません!
山頂付近には、トンボが・・・凄い数ですね!蝶たちもいっぱいいますし、そして蜂など

130717-1026.jpg


【ちょうちょ】・アザミにとまってくれました!

130717-1030.jpg


【山頂独占!】・こんな感じで独占中です!
N氏(山ガール)も初登頂 頑張りました!

130717-1051.jpg


・残念ながら琵琶湖方面の展望はなし!

130717-1051a.jpg


【1117】・さあ下山です!のんびり行こう!!

130717-1117.jpg


【1123】西南稜の素晴らしい景色です!まずは御殿山に向かいます!
この時間になって、ようやくほかの登山者の方の姿を見るようになって来ました!

130717-1123.jpg


【1155】・御殿山山頂で団体さんに遭遇です!暑さが厳しくなってきました!

130717-1154.jpg


・もう一度、武奈ヶ岳への西南稜!ずーと見ていたいけど・・・ひなたは暑いです!

130717-1155.jpg


【1231】・ゆっくりと谷あいに下りてきた!

130717-1231.jpg


【1242】・P846付近の夏道:冬道分岐で小休止です!
しかし、下りは厳しいですね!まだまだ先は長いです!

130717-1242.jpg


【1303】・急斜面をトラバース!ここで落ちればヤバイです!

130717-1303.jpg


【1334】・植林に入りました!ますます傾斜がきつくなりますが、
ゴールが近付いています!延々と九十九折れが続き頑張りどころです!

130717-1334.jpg


【1410】・初挑戦のN氏(山ガール)も頑張りました!
無事この暑さの中、ゴール出来ました!

130717-1410.jpg


【1421】・下山後すぐに、明王谷の河原におりてクールダウンです!
これが気持ちいいですね!

130717-1421.jpg



夏山トレーニングが無事任務終了です!

自分が思っていたより、楽に歩けたので良かったです!

N氏(中)のガイドが良かったです!


武奈ヶ岳はいつ来てもいい山ですね!満足でした!


これで、今回の山ある記は お・し・ま・い です!

では、バイバイ 








プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。