FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<50.武奈ヶ岳~青ガレ-金糞峠~コヤマノ岳**山ある記 >
・武奈ヶ岳 1214.4m(日本200名山)

10年11月17日(水)最高気温(京都) 16.2度(最低 5.7度) 曇り後快晴
<コースタイム>
 イン谷口P 8:29  → 大山口 08:35 → 青ガレ 09:15 
→金糞峠 09:49 → 中峠 10:46 → コヤマノ岳 11:07  
→ 武奈ヶ岳山頂 11:36(ランチ~12:46)→ コヤマノ岳/八雲ヶ原分岐 13:03→ 
八雲ヶ原 13:32 → 北比良峠 13:50(小休止~13:57) → 
(ダケ道)大山口 15:12 → イン谷口P15:25 


・皆さーん!こんにちは(笑) 只今より、第50回記念号「山ある記」をはじめます!

今回は、N氏(中)と最高のコンディションの武奈ヶ岳に行って来ました!今までに無い最高の見晴らしで
日本海や白山など、どこまでも続く山並みを堪能してきました!

他のメンバーは残念ながらお休みですが、次回は金勝山にフルメンバーで行きたいですね!


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【コヤマノ岳から白山を望む】・琵琶湖に浮かぶ竹生島の後方に白山三山が
雪をまとって優美な姿を現していた!

101117-0000.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0829】・正面谷から武奈ヶ岳に向け出発だ!今日はなかなかハードな旅になりそう!
ここから標準タイムで山頂まで3時間40分とやや長いが頑張ろう!

101117-0829a.jpg  101117-0829.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0835】・歩きはじめてすぐに、大山口に到着!登りは左の金糞峠方面へ進み、下山は右のダケ道を
北比良峠から下りて来る予定だ!ココには、治水工事がされた堰が幾つも続いていた!
ココから先は、谷筋には治山工事もされているがほとんどのところで崩落が起こっていて危険なルートだ!

101117-0835.jpg  101117-0844.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0853】・正面谷を登っている途中で、かくれ滝の看板を発見!せっかくなので寄って行く事に!
正面谷を北西方向に進んでいるが、北方向に伸びるウエ谷にあるようだ!かくれ滝と言われるように
音はするが姿が見えない。岩陰に隠れているのだ!見えてびっくり、高さ15mほどあり立派な滝だった!
N氏(中)が普段ロッククライミングで鍛えているので、ちょういと岩に取り付いた!

101117-0853.jpg  101117-0900.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0907】・天気予報では午後から崩れる予定らしいが、急にガス出てきて怪しくなってきた!
ココから先は、ガレ場の連続で急斜面で厳しいルートだ!

101117-0905.jpg  101117-0907.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0915】・ついにこの旅のクライマックスの一つの”青ガレ”に到着!
大規模な崩落現場だ!一番安全そうな西側のルートを慎重に登った!

101117-0915.jpg  101117-0916.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0920】・急にガスが晴れ、青空が広がってきた!武奈ヶ岳はどんな天候だろうか?心配だ!

101117-0920.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0931】・一瞬、堂満方面の展望が開けていた!金糞峠に向け急斜面のガレ場を急いだ!
ここはルートが不鮮明なので岩にはしっかりとペイントがされていて迷う事は無い!上りきれば峠だ!
しかし厳しい登りだ!

101117-0922.jpg  101117-0931.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0933】・登りは厳しいが、素晴らしい自然林で紅葉が見事だ!

101117-0932.jpg  101117-0933.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0949】・谷も狭まってきて、いよいよ金糞峠だ!良く頑張って登ったもんだ!

101117-0947.jpg  101117-0949.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0950】・金糞峠から琵琶湖を眺める!素晴らしい!

101117-0950.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

101117-1005.jpg 【1005】・ここで小休止!ココ金糞峠は交通の要所で!
縦走路の交差点!南は堂満、比良岳、蓬莱山へ、
北は北比良峠、釈迦岳へ、西・北東は御殿山、武奈ヶ岳へ
N氏(中)は先日の権現山から縦走でここを通過して
行ったらしいがよく覚えていないそうだ!







8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1009】・金糞峠からは、ヨキトウゲ谷から中峠を目指した!
すぐに、八雲ヶ原方面への分岐があり中峠、大橋方面へ向かった!
ここは絵になるような素晴らしい谷ルートのようだ!

101117-1008.jpg  101117-1009.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1014】・次の分岐の中峠と大橋から牛コバ・坊村へのルートに差し掛かった!
2つ目の木橋を渡り軽快に谷歩きを楽しんだ!

101117-1011.jpg  101117-1014.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1020】・幾つもの小さな滝が現れ、何度も渡渉を繰り返した!

101117-1020.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1030】・しばらく谷歩きを楽しみ順調に進んでいるが、この先は中峠への登りだ!
N氏(中)も「ここはいい所だ!来て良かった」って・・・楽しんでいるようだ!

101117-1022.jpg  101117-1030.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1045】・いよいよ稜線が近づいてきた様子だ!

101117-1041.jpg  101117-1045.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1046】・中峠に着いた!目の前にようやく武奈ヶ岳が姿を現した!
左のコブが御殿山だ!ここからワサビ峠から西南稜へもいいルートだが、
今回はコヤマノ岳を経由して目指す事に!ここは風が冷たくじっとしていると寒いのですぐ出発だ!

101117-1046.jpg  101117-1046a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1107】・中峠から標高差130mを一気に登り切った!途中で武奈ヶ岳方面から来られた
ベテランハイカーの方から「今日の景色は素晴らしいですよ」って教えてもらい、期待が高鳴ってきた!

101117-1105.jpg  101117-1107a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1113】この辺りがコヤマノ岳の山頂のようだ!1181mおめでとう!
プロトレックは1155mを示しておりやや誤差があるようだ!

101117-1110.jpg  101117-1113.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1114】コヤマノ岳の北斜面には、前日に降った雪が残っていた!
確かに日陰は寒い!風も冷たい!ここからラストスパートだ!

101117-1113b.jpg  101117-1114.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1121】・目の前の武奈ヶ岳を見ながら、素晴らしいブナ林を楽しんだ!
ここは冬の樹氷も見ごたえあるようだ!
武奈ヶ岳への最後の登りに指しかかろうとした時、上から颯爽と”山ボーイ”が下りてきた!
N氏(中)は山ガールじゃなかったので少しガッカリそうだった!(笑)
しかし、今風でかっこ良かった!

101117-1114a.jpg  101117-1121.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1129】・山頂直下の最後の急坂をいっきに登り切ったが、N氏(中)は最後まで慎重に地図で確認していた!
バックにはコヤマノ岳が・・・以外に早く着いた!

101117-1124.jpg  101117-1129.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1132】・西南稜と合流し、山頂は目の前だ!天候は快晴!

101117-1132_20101120214421.jpg

・御殿山への西南稜方面の展望・・・どこまでも山並みが続いていて素晴らしい!

101117-1132a.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1136】・武奈ヶ岳に無事登頂!おめでとう!
360度パノラマで快晴!こんな素晴らしいコンディションは初めてだ!

101117-1136.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
動画で360度のパノラマをお楽しみ下さい!



8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1148】・今日のランチはN氏(中)おすすめの”エビピラフ”と ”ナポリタン”だ!
このシリーズはけっこう美味しいのだ!
しばらくの間、無風の暖かい山頂で絶景を楽しんだ!今日の山頂は10組くらいが到着されている!

101117-1148.jpg  101117-1148a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1239】・N氏(中)も絶景を堪能しているようだ!

101117-1238.jpg  101117-1239.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1246】・下山開始だ!ここでN氏(中)が山頂に向け脱帽で一礼しているが、これには深ーい話が・・・?
下山ルートは一旦コヤマノ岳方面に下り、八雲ヶ原/スキー場へ向かう!

101117-1246.jpg  101117-1248.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1257】・10分ほどでコヤマノ岳との鞍部に着き、イブルキノコバ方面への分岐を進まず、
少しコヤマノ岳を登り八雲ヶ原への分岐へ進んだ!(1303)

101117-1257.jpg  101117-1303.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1313】・分岐から10分ほどでスキー場跡に着いたがゲレンデは無残な状態だ!

101117-1312.jpg  101117-1313.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1332】・荒れた急斜面の降り口探し、N氏(中)が一気に行ってしまった!

101117-1319.jpg  101117-1322.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

スキー場ゲレンデ 爆走?(笑)



8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1332-1342】・スキー場を下ってくると八雲ヶ原に到着!少し池を散策し再び斜面を登って北比良峠へ!


101117-1332.jpg  101117-1342.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1350】・北比良峠のケルンに到着!ここで小休止!ココからの琵琶湖方面の眺めも最高だ!

101117-1350.jpg  101117-1351.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1357】・ここから以前登ったザレ場の急斜面がよく見えていたが、しかし大変だった!
今日はダケ道から下山だが大山口まで結構険しいルートで、60分で下りられるのだろうか?


101117-1352.jpg  101117-1357.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1434】・予想通り、石がごろごろあり又落ち葉で石が隠れていて足場が不安定なところが多い。
そうこうしているうちに、カモシカ台と呼ばれているところに来た!残り半分だ!

101117-1419.jpg  101117-1434.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1507】・急斜面も多く、予想以上に手強い!下りはしんどいですね!

101117-1438.jpg  101117-1507.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1512】・なんとか下りて来た、大山口に戻ってきました!

101117-1512.jpg  101117-1512a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1525】・美しい紅葉の森に癒されながら、無事帰還しました!

101117-1517.jpg  101117-1525.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

今回の「山ある記」は、ややロングコースでしたが、素晴らしい旅が出来きよかったです!

このコースを余裕で歩いていたN氏(中)には恐れいりました!

「山ある記」第50回を祝福するような、快晴で大変有意義な一日になり満足です!

次は100回を目標に頑張っていきますので、これからもご声援お願い致します!

それでは、今回の「山ある記」は、お・し・ま・い です!

次回は、フルメンバーで 金勝山かな? お楽しみに・・・bye-bye バイバイ 

スポンサーサイト
<49.赤坂山~マキノ高原-粟柄越~明王ノ禿**山ある記 >
・赤坂山 823.8m

10年11月10日(水)最高気温(京都) 15.7度(最低 8.0度) 曇り後雨
<コースタイム>
 マキノ高原温泉さらさ 8:47  → 武奈ノ木平 09:57 → 粟柄越 10:46 
→赤坂山山頂 10:56(~ランチ 11:43) → 明王ノ禿 11:53 → 赤坂山山頂 12:05  
→ 粟柄越 12:16→ 武奈ノ木平 12:51→ マキノ高原温泉さらさ 13:32 


メンバー:韋駄天のM氏(早足)、I氏(小)、N氏(中)の4名


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

・皆さーん!こんにちは!只今より第49回「山ある記」をはじめます!
今回は、大先輩の韋駄天のM氏(早足)からお誘いがあり、マキノ高原から赤坂山に行って来ました。

天候が悪く、三国山まで行くつもりでしたが、明王ノ禿で残念ながら撤退しました!
スタート直後からM氏(早足)の韋駄天ぶりが本領発揮し、急坂をもろともせず平地を歩くようなスピードで
どんどん進んでいく逞しさに圧倒されました!

しかし赤坂山周辺は素晴らしい自然が広がり、非常に楽しめた山ある記になりました!
高島トレイルの素晴らしさを知り、次回もまたチャレンジしたい山の一つなり楽しみが増えました!

【少し遅かった紅葉狩り】
101110-0000.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0847】・マキノ高原の温泉さらさ前からスタート!しかし天候は雨模様!
小雨が降る、非常に寒い中を韋駄天のM氏(早足)の案内で赤坂山に向かった!
出発して、5分ほどでI氏(小)が足の不調を訴えて急遽ストレッチで身体をほぐした!

101110-0847.jpg  101110-0851.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0901】・スキー場をしばらく登って行くと、赤坂山への登山口に到着!
ここから、赤坂山歩道の急坂のはじまりです!

101110-0901.jpg  101110-0901a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0906】・歩道と呼ばれるだけあって、木の階段が延々と続いているが、けっこう厳しい傾斜だ!
しかし、M氏(早足)は一気にトップギアに入って、恐ろしいスピードで登っていかれた!
(いきなり、度肝を抜かれた(^^ゞ!)

101110-0902.jpg  101110-0906.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0914】・すぐに展望が望めるポイントがあり、おそらく大谷山方面だろうか?
素晴らしい、秋景色だ!

101110-0914_20101111211523.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0922】・懸命に登る、I氏(小)とN氏(中)!しかし、M氏(早足)のペースはどんどん加速中!
だれも、全く追いつけない!上から激が飛ぶ!「若者よ!早よ、着いて来い」って・・・(無理や・・・)
完全にオーバーペースで、山頂まで3.1kmあり後半バテそう!

101110-0916.jpg  101110-0922.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0926】・途中で展望ポイントがあり休憩出来た!(助かった)
しかし、途中からM氏(早足)石拾いに夢中で景色どころではない!
ここからの眺めは素晴らしく、マキノ高原に続く道路沿いに植えられたセコイヤの木が見事で感動だ!
(先人の先見性は凄い)

101110-0926.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0944】・しばらく、緩やかな登りが続き景色を楽しめて来たが、相変わらずハイペースだ!

101110-0938.jpg  101110-0944.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0957~1012】・チェックポイントとしていた武奈ノ木平に着いた!
ココには、東屋があり小休止だ!(I氏(小)の姿が全く見えず、どこかへ電話をしているらしいが・・・)

101110-0957.jpg  101110-1012.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1017】・武奈ノ木平を出発して、水の流れる音が聞こえてきた!
すぐに川沿いのルートが現れ、堰堤が見えてきた!

101110-1016.jpg  101110-1017.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1018】・堰堤付近の紅葉も終わりかけていたが、見事な黄色に染まっていた!

101110-1018.jpg  101110-1018a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1044】・この山には植林地がなく、自然林が素晴らしい!
I氏(小)がM氏(早足)に「一度付いて行ってみるわ」って挑んだが、5分ほどで撃沈!
I氏(小)は後方に姿が見えなくなってしまった!
天候が怪しく、風も強くなってきたが、もうすぐ稜線に出る気配だ!

101110-1022.jpg  101110-1044.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1046】・ようやく、高島トレイルの稜線に到着!粟柄越と言うところだ!
赤坂山へはあと10分ほどの距離で、その向こうの三国山まで約60分!
稜線は風が強く、冷たく恐ろしく寒い!プロトレックは7度を示していた!

101110-1046.jpg  101110-1047.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1052】・途中でお地蔵さんが現れ、お参りだ!山頂までもうすぐ、頑張ろう!
ここには、でっかい送電線が2基、敦賀方面にに延びている!

101110-1048.jpg  101110-1052.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1056】・赤坂山に無事登頂!貸切状態だ!天気が怪しく寒い!

101110-1056.jpg  101110-1056a.jpg

・大谷山方面をバックに、I氏(小)が懸命に登ってきた!最近、ベタ遅れがなくなりなんか寂しい!

101110-1056b.jpg  101110-1057.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1059】・琵琶湖方面!天候が悪い割りには良く見えていた!

101110-1059.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1100】・山頂から明王ノ禿と呼ばれる山肌が露出しているガレ場から中央分水嶺の乗鞍岳へ延びる稜線!
それに、伊吹山方面を望む(右のカット)!

101110-1058.jpg  101110-1100.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1140】・風が寒い中、早めのランチを楽しみ山頂には1組のグループが到着された!
雨がポツポツ来たのであわてて、身支度をして明王ノ禿方面に向かう事にした!

101110-1140.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1143】・M氏(早足)が「さあ行こう!」ってスタートを切っていた!I氏(小)はまだ支度中で
・・・ここでも韋駄天振りを発揮だ!(笑) 雨がきつくなって来て、メチャ寒い!
ここからしばらく下りが続き10分ほどで着くだろう!N氏(中)も寒そうだ!

101110-1143.jpg  101110-1143a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1146】・登りも下りも韋駄天のM氏(早足)!全く追いつけない!
益々雨がきつくなって来たので先を急いだ!
赤坂山から先の稜線も素晴らしいところで、天候がいい時に高島トレイルをゆっくり楽しみたいですね!

101110-1144.jpg  101110-1146.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1152】・明王ノ禿の下部に着いたが、ここで雨足が更にきつくなってきたのここで撤退だ!
早々に引き上げ、赤坂山に戻った!

101110-1152.jpg  101110-1153.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1205】・雨の中を急いで赤坂山に戻ってきた!

101110-1158.jpg  101110-1205.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1228】・山頂から一気に下りへ!M氏(早足)は快調に飛ばしていた!

101110-1208.jpg  101110-1228.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1248】・紅葉も少し遅かったなーという雰囲気だが、自然いっぱいだ!

101110-1248.jpg  101110-1248a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1251】・武奈ノ木平に戻ってきた!山頂から46分(登り61分)まずまずのペースだ!
I氏(小)も快調に下山中!ツインポールがいい塩梅のようだ!

101110-1251.jpg  101110-1256.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1329】・途中、展望ポイントで一服し、ここから登りとは別のルートから下山した!
(マキノスキー場横のテニスコート付近に出るようだ)

101110-1308.jpg  101110-1329.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1332】・雨が一層きつくなってきたが、無事出発地点に戻ってきた!
ココには、マキノ高原温泉さらさがあるが、あいにく今日は定休日!
冷えた体を温めるため、近くの白谷温泉へ直行だ!

101110-1332.jpg  101110-1332a.jpg


今回の山ある記は、韋駄天のM氏(早足)にご案内頂きました。ありがとうございました!

天候には恵まれませんでしたが、高島トレイルの素晴らしさを知る事が出来てよかったです!

高島トレイルの全工程を走破して見たいですね!

今回の「山ある記」はこれで お・し・ま・い です!

次回はフルメンバー揃うかな!あの山で楽しもう!(笑)

それでは bye-bye バイバイ 




プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。