FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 38.皆子山-足尾谷橋-ワリ谷::撤退::-~**山ある記 >
 ※皆子山971.5m(関西百名山:京都府最高峰)・・・途中撤退:最高到達地点 800m   

・皆さん!こんにちはー!只今より、第38回「山ある記」を始めます!

今回は、”チームはやぶさ”久々のフルメンバーが集結し、京都府最高峰の皆子山に行って来ました!

しかし・・・しかし・・・途中撤退!迷子になりルートを見失ってしまいました!

ツボクリ谷に入れず、ワリ谷に迷い込んでしまったようだ!

皆子山の厳しい洗礼を受け、・・・反省しております!

メンバー全員が、事故無く無事下山出来て、本当に良かったと思います!

今後は、より一層、安全で楽しい山ある記が出来ますよう精進して参ります!

よろしくお願いいたします!


<コースタイム>
 足尾谷橋 08:23 → 関電ダム08:35 → 登山道入口(木橋)08:45 →ワリ谷 11:47(撤退)  

 →12:11ランチタイム~12:54  →ワリ谷/足尾谷合流(間違えた分岐)13:11 →足尾谷橋13:53



10年4月21日(水)最高気温(京都) 19.9度(最低 11.9度) 曇り後晴れ(午前中山沿小雨)


【撤退】・ワリ谷800m付近で安全に前進出来ず、また時間切れで11時47分 撤退!

20100421-0000a.jpg 20100421-0000ab.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0823】・葛川坂下町にある足尾谷橋に、メンバーが各地から集合した!
 天候が、いまいち スッキリせず I氏(大)が「雨降るで・・!今日行くんかー?」などなど
いらだって、吼えていた!商売道具のひとつ??の”KOMATSU"のキャップが良く似合っていた!
Y氏(特大)は、”YANMAR”だ!

20100421-0811.jpg  20100421-0813.jpg

・新メンバーの”マムート N氏(中)”加え、又、重戦車のM氏(大)とI氏(小)も復活し
 皆子山へ素晴らしい旅を期待し出発した!まずは足尾谷橋から林道をしばらくすすみ、関電ダムを目指した!

20100421-0815.jpg  20100421-0823.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0831】足尾谷の林道を進んですぐに、素晴らしい谷の美しさが我々を迎えてくれた!


20100421-0831.jpg  20100421-0831a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0835】・ほどなくして、関電ダムを通過だ!天候もなんとか大丈夫そうだ!

20100421-0835.jpg  20100421-0835a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0845】・登山口に入った第一歩目が、この木橋だ!川の流れは前日の雨で勢いがあり、
橋が濡れているのでスリップには注意だ!最初にY氏(特大)が慎重に渡り、
I氏(大)は「こんな簡単な橋くらい・・・」とさらりと渡ってきた!

20100421-0845.jpg 20100421-0846.jpg

・心配した、I氏(小)も何とか渡りきれ、良かった!

20100421-0846a_20100423223639.jpg  20100421-0847.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823


20100421-0849.jpg  【0849】・さらに簡単な次の橋を渡り、朽ちかけている
ハシゴを越え、問題の分岐点だ!今日は岩が濡れていて
足元がスリッピーだ!ハシゴを登って大岩の上に出た瞬間、
重戦車 M氏(大)がすべってこけて、川にはまりかけた!
幸い無事でよかった!










8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0850】・ここからが、全ての誤りの始まりだった!全くその時はルートをはずしたとは思っていなかった!
画面奥の看板方向から右へ(北へ)が正解ルートだが、
何の迷いも無く画面の左へ(南西へ)進んで行ってしまった!

20100421-0850.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

20100421-0851.jpg 【0851】この谷に踏み込んだ瞬間から、
I氏(大)はおそらく気付いていたと思う!「踏み跡もほとんどなく、このルートはヤバイ」って。何度も無言の”シグナル”が「まだ行くのか?このルートちがうどー」って聞こえていたが、”迷走 I氏(中)”としては、何とか「きっと稜線に出られるルートがあるはずだ」と考えていた!その後、たまりかねた、I氏(大)がついに口を開いた「このルート合ってるか?」
といらだちを見せ始めていた!
この谷に入って間もなく、突然 鹿が姿を見せ、しばらく斜面の上からコチラを眺めていたが・・・・!
「コッチの谷は違うぞ」って知らせてくれていたのかも知れない!?






8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0855】・何度も渡渉を繰り返しながら進んだ!
途中橋が増水で渡るのが厳しそうなので、大きな岩を越えて進むルートを選んだ!

20100421-0855.jpg  20100421-0856.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【0937】道なき道を進んで行ったが、ここは素晴らしい渓だ!
大小の無数の滝があり飽きさせることなく楽しめたが・・・もしもの時の退路の確認だけは行っていた!

20100421-0859.jpg  20100421-0901.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1053】・メンバーを残し、ルートを探しに登ったが、進行困難となり、
第一次ルート撤退だ!750m地点程行ったが、660mあたりまで全員撤退だ!

20100421-0927.jpg  20100421-1053.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

20100421-1108.jpg 【1108】・困った時には、必ずI氏(大)が登場し、
M氏(大)と慎重にかつ冷静にルートをいつも検討している!
迷走I氏(中)はルートがあればとりあえず進んで行くタイプのため、
その辺はよくわかっているようだ!
しか、I氏(大)は山岳のスペシャリストだ!
I氏(大)の勘はいつも当たっている!途中よく立ち止まったり、
腕組みをしたりしている時は、ルートが怪しいときだ!





8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1139】・検討し、別の谷に進入した!750mを越えた辺りに、黄色いテープを発見したが、この先が怪しい!
メンバーを残し、最後のルート開拓に出かけた!11時40分を過ぎてルートが見出せなかったら、
撤退と決めていたので、リミットが迫ってきた!800m地点まで来て、行き詰った!少し上には尾根筋が
見えていたがかなり傾斜のキツイ登りが残っていた!
最後に、よく辺りをみていけそうなルートを探したが、安全に進めるところは無かった!
撤退だ!

20100421-1117_20100425221842.jpg  20100421-1139.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1147】・完全撤退だ!険しい谷を全員慎重に降りた!何度も渡渉を繰り返しながら、
I氏(大)と「どこで間違ったのかな」って話しながら、結局ツボクリ谷へは到達出来なかったのだ!
結果、最初からワリ谷に迷い込んでいたのだ!
別のルートから尾根筋に到達し、山頂に向かう作戦は失敗であった!
N氏(中)を最初っから大変なルートに連れて来てしまった!


20100421-1202.jpg  20100421-1203.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1211】・安全な谷まで下りてきた!ここでI氏(大)が「腹減った!腹減った!」って吠え出した!
ちょうどいいスペースを発見し、ランチだ!バナーを取り出しいつものようにお湯を沸かし始めたが、
I氏(小)が持ってきたやつの火力がすごく瞬く間にお湯が沸いた!
「今日はまいったなー」ってな感じだが、全員安堵の雰囲気だ!
しかし、この時点ではまだどこでルートをはずしたのかは、分かっていない!

20100421-1211.jpg  20100421-1253.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1254】・さあ下山開始だ!もちろん、下りは、"下りのスペシャリストのI氏(小)が先頭だ!

20100421-1254.jpg  20100421-1305.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1311】・こんな所で間違っていたのだ!青色のNG方向から戻って来たが、
ピンク方向が正解だった!渡渉に気をとられて、全員が矢印⇒ を見落としていたのだ!
M氏(大)の言葉を借りれば、「なんか神隠しにあったようだ」


20100421-1311a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1311】・I氏(大)も、しばらくルートを眺めていた!「あっちや、普通は間違うはずないのに・・・」とつぶやいていた。(無念のようだ)
I氏(小)が「今回はしゃーない、しゃーない」って・・・メンバー全員でリベンジを誓った!

20100421-1311.jpg  20100421-1311b.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1318】最後の橋を渡って、足尾谷橋に続く林道に着いた!
最後までI氏(大)は谷を眺めていた!言葉にはしてないが、悔しかったのだろう!


20100421-1318a.jpg  20100421-1339.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1353】・出発地点の足尾谷橋に戻ってきた!
痛恨のアクシデントがあったが、無事全員戻れてほっとした!
振り返れば 皆子山が我々をしっかりと見守っていてくれたのだ!

20100421-1353.jpg


・今回の山ある記は38回目にして、初めての撤退でした!しかし事故無く良かったです!

ニューフェイスの N氏(中)には申し訳なかったのですが、次には良い旅が出きる事を

期待しておいてもらおう!(これに懲りずに次回も参加下さい)

今回の「山ある記」はこれで お・し・ま・い です!

皆子山は次は10月ころにリベンジだ!

次回の山ある記をお楽しみに 、それじゃ bye-bye バイバイ



スポンサーサイト
< 37.ポンポン山~本山寺-釈迦岳-川久保渓谷-~**山ある記 >
  ※ポンポン山678.8m(関西百名山)   釈迦岳631m(島本町最高峰)

皆さーん!こんにちは 只今より、第37回「山ある記」をはじめます!
今回の山ある記は、待望の”ニューフェイス”の登場です!
名前は?・・・それは・・・”マムート N氏(中)”と名付けました!
・・本日の、メンバーはアノ I氏(小)を含め3名の予定でしたが、朝から・・・”大トラブル”発生で
ニューフェイスの”マムート N氏(中)”と2人での旅となりました。
(他のメンバーは残念ながらお休みです)

朝の"大トラブル”とは?・・・信じられない・・・想定内??

実は、朝集合して、車で出発し、30分程して 突然 I氏(小)が 
「しまった!今日仕事やったわ!忘れてた」って

急遽、引き返し 仕切りなおしのドタバタの朝でした!なんとか無事仕事にいけたようで・・・!?

そんな、こんな なんやかんやありましたが、

ポンポン山の素晴らしい旅が出来ました。
初参加の”マムート N氏(中)”の動きも軽快で、無事登頂出来ました!


<コースタイム>
 神峯山寺 10:20 → 本山寺第二駐車場10:34 → 本山寺10:57 →本山寺道合流 11:08  
→夫婦杉11:26→ ポンポン山山頂12:04(ランチ~13:09) → 東海自然歩道:善峯寺 杉谷分岐13:27 
→(ここから大阪環状自然歩道へ)→ 釈迦岳13:38→ 大杉(分岐)川久保渓谷へ13:52 
→本山寺/林道分岐14:47 →本山寺第二駐車場14:58 


10年4月14日(水)最高気温(京都) 13.4度(最低 7.9度) 曇り時々晴れ

【特別版-初登頂】素晴らしい 笑顔だ!無事ポンポン山の山頂に到着!

これからの山ある記の夢が膨らんでいるようだ!
しかし、今日は気温が低く山頂は強風で結構寒かった!
この寒さをマムートがしっかりサポートしていたようだ!

20100414-0000.jpg 



















8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823


【1017】・神峯山寺の第2駐車場に着いた!ここに来るまでチョット迷いながらやって来た!
ここで早速N氏(中)が動いた!現在地を確認し登山口を探していた!まだ先のようだ!
ここから車で先に進み、すぐに”日本最初の毘沙門天 神峯山寺”が現れた!立派なお寺だ!


20100414-1017.jpg 20100414-1020.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1034】・神峯山寺から狭い林道をどんどん奥に進んで、本山寺の駐車場に着いて、出発の準備をした!
既に5.6台の車が止まっていた!N氏(中)も気合充分だ!この駐車場からお寺までは、30分ほどかかるらしい!


20100414-1034.jpg 20100414-1034a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1036】・ポンポン山まで4.4kmの標識があり、結構距離があるようだ!
N氏(中)は軽快にスタートしたが、道はコンクリートの舗装路でなにか嫌な感じだ!
お寺まで続いている雰囲気だ!

20100414-1035.jpg 20100414-1036.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1044】・歩き始めてすぐに舗装路の脇に山道発見!!どこへ続いているか?分からないが、とりあえず進入だ!
まもなく、斜面木陰に獣が動いた!なんとかわいい”リス”が我々を迎えてくれた!幸先良い旅だ!
そして途中で舗装路に一旦合流したが再進入!

20100414-1040.jpg 20100414-1044.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1057】・山道に突入して、方角がやや怪しくなり舗装路を見失ってしまった!
(下りの西へルートが伸び舗装路から離れていくのはおかしい?)
途中分岐らしき所を少し戻ってみた、なんとか本山寺境内に着いたようだ!
すぐに入り口が見えてきたが、立ち寄らず、そのまま林道をポンポン山へ向かった!

20100414-1054.jpg 20100414-1057.jpg


※今回もスローペースになってしまいましたが、まだまだ続きます!

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1059】・本山寺横の林道を進み、登山口に到着だ!しかしN氏(中)は渋い!全身マムートだ!
やはり、このマークはカッコイイなあー!(俺も欲しいけど・・・)N氏(中)もスタート直後はやや緊張ぎみだったが、
今は、山に馴染んできているようすだ!

20100414-1059.jpg 20100414-1059a.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1108】・快適な山道が続いていた!きつ過ぎず、緩すぎず適度に階段があり、非常に手入れの行き届いた、
安全なルートだ!本山寺境内から伸びるルートとの合流地点に着き、小休止をした!
(しかし止まるとやや肌寒い)
ここからポンポン山まで2.6kmの表示があった!

20100414-1104.jpg 20100414-1108.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1125】・N氏(中)の背中には、”レキ”のポールが出番を待っていた!(いつ登場するのだろう?)
目の前に大きな杉の木が現れ、夫婦杉と呼ばれているようだ!(逆光で写りが・・・)

20100414-1119_20100416215036.jpg 20100414-1125.jpg

【臨時ニュース】・ここでN氏(中)について少し触れてみよう!
・常に冷静沈着で、理論派。・IT関係に目っぽう強い。・結構なんでも形から入る。
・山行歴は、立山、駒ヶ岳、乗鞍・・・輝かしい!(ブランド志向だ!)

これからの活躍が楽しみですね!

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1137】・本山寺からのルートは実に快適だ!適度な登りがあり、次は下りがあり変化があり、
トレランにぴったりかもしれない!
途中で朽ちかけた案内板を発見!ポンポン山まであと1.3kmと表示!約30分の距離だ!

20100414-1128.jpg 20100414-1137.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1204】・登り下りを繰り返しながら、山頂に続く階段が見えてきた!この先は、釈迦岳続いている!
山頂に無事 到着!!三角点コレクターのN氏(中)がすかさず ”タッチ”だ!登頂おめでとう!
ここまで全く疲れも見せず、立山、駒ヶ岳・・は伊達じゃないようだ!平日にもかかわらず、山頂は大賑わいで、
何組かの団体さんなど休憩され、展望を楽しまれていた!

20100414-1201.jpg 20100414-1204.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1206】・素晴らしい展望が広がっていた!大阪市内 遠くは大阪湾まで、京都市内、鈴鹿方面、
伊吹、比良、比叡などなど近江富士(三上山)まではっきりと見えていた!
しばらく、「あれが京都タワーで、あれがなにで、アレがあれや」 などなど・・多くの方々が見られていた。
近くによくしゃべってる男性がいて、この山頂に緑の腕章をしたガイド?のような方が
「アレがなにで・・・、ほれ電車が来た」など説明されていた!

20100414-1206.jpg 20100414-1207.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823

【1219】・N氏(中)もしばらく展望をゆっくり楽しみ、ランチの準備を始めた!
プロトレックの標高は650mを示していたが、やや誤差があるようだ!
山頂は今日は風がきつく肌寒い!この山頂の展望は、木々を伐採されてつくられたもので
やや疑問だ!

20100414-1212.jpg 20100414-1219.jpg

20100414-1216.jpg 20100414-1226.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1302】・北側方面も展望が開け、愛宕山がはっきり見えていた!
ここから、出灰方面や大原野森林公園を経由して
淳和天皇陵のある小塩山方面のルートが伸びていた!

20100414-1302.jpg 20100414-1303.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1309】・さっきまで、おお賑わいの山頂も数組がおられるようになり我々も下山準備をした!
満を持して登場!”LEKI”のスーパーウエポン!どんな動きをするのか楽しみだ!
(しかし決まっている!カッコイイ)

20100414-1242.jpg 20100414-1309.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1310】・山頂を出発し、釈迦岳に向かった!ここからの距離は1.5kmの表示。
早速、LEKIの効果が・・・!N氏(中)は軽快に歩き出した!「これは楽や!素晴らしい・・・」

20100414-1310.jpg 20100414-1311.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1327】・「熊出没注意」 物騒な看板を発見!あー怖!
分岐が現れた、画面真っ直ぐが釈迦岳へ(おおさか環状自然歩道)と左方向(北東)は善峯寺へ、
ここで東海自然歩道とわかれるのだ!

20100414-1323.jpg 20100414-1327.jpg

・釈迦岳まで0.6kmでもうすぐだ! すぐにデカイ鉄塔が現れた!

20100414-1327aa.jpg 20100414-1327a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823


20100414-1335.jpg 【1335】・このように”おおさか環状自然歩道には立派な案内が立てられている!
釈迦岳へのルートは快適な尾根道が続き、
今日は天候もいいので、素晴らしい山ある記だ!

ここまで、N氏(中)は全く問題なく意外とツワモノだ!

もうちょっと、ハードコースへチャレンジしても良かったかな?










8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1338】・無事に釈迦岳に登頂!631m!おめでとう!
すぐに、下山ルートの確認だ!時間的にも尾根ルートはやや厳しいので、谷ルート(川久保渓谷)
へ向かう事にした!ここから1時間半ぐらいの距離だ!
(ちょっと、山頂でのこのカットはまずい。N氏(中)は切れてるは、三角点は写ってないわ!反省です)

20100414-1338.jpg 20100414-1341.jpg


8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1352】・釈迦岳からの下りを軽快に下り、10分ほどで”大杉”ろ呼ばれる分岐に到着!
ここは、東から南へ大沢を経て(おおさか環状自然歩道)西光寺、水無瀬へ行ける!
南へ真っ直ぐへのルートは、川久保尾根ルートで西教寺、諏訪神社方面へ
我々は、西へ下り、南下する川久保渓谷のルートを選択した!

20100414-1352.jpg  20100414-1352a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1357】・川久保渓谷のルートは素晴らしい!小さな流れ(源流)から次第に大きな流れになって行く様子が見事だ!
思っていたよりも、谷沿いは荒れていなく歩きやすい所だった!

20100414-1357.jpg 20100414-1358.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1401】・突然、”ダムか?”ルートがなくなっていると思ったら、堰堤の右側にルートが続いていた!

20100414-1401.jpg 20100414-1401a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1402】・堰堤をN氏(中)が懸命に越えてきた先に目をしたものは、
なんと 林道が続いていた!
これで、ポンポン山の旅も終了って感じだ!しかし、ここからこの林道が長いはずで、
まだまだ1時間は掛かるはずだ!

20100414-1402.jpg 20100414-1403.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1416】・実は、この林道こそが川久保渓谷のルートだと分かってきた!素晴らしい流れを
楽しみながらゆっくりと下っていった!N氏(中)もLEKIのポールで軽快に進んでいた!

20100414-1414.jpg 20100414-1416.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1447】・この林道の途中には、ポンポン山からのルートがいくつも合流しているところがあったが、
標識がなく詳細は分からなかった!N氏(中)が水場を発見しはしゃいでいる!
大杉からの分岐から約50分でようやく、本山寺方面への分岐の橋が現れた!
ここを上りきれば出発地点の駐車場に着くはずだ!

20100414-1447.jpg 20100414-1447a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1457】・10分ほどやや厳しい坂を上りきり、車止めが見えてきた!帰ってきた!
この坂でLEKIを試してみたが、やっぱり名器は素晴らしい!あるのとないのとでは大違いである事が分かった!
(欲しいが・・・!)

20100414-1457.jpg 20100414-1457a.jpg

8823-----*-----*-----*↓----*↓----*hayabusa02----↓*----↓*-----*-----*-----*-----*8823
【1458】・ドンピシャ!戻ってきました!予定通りの15時に・・・!
本日の万歩計は、17068歩(約11km)の旅だった!こんなもんだろう!

20100414-1458.jpg 20100414-1458a.jpg



※今回の「山ある記」は朝からトラブルがあり、どうなるかと思っていましたが、

なんとか、無事いい旅が出来て良かった!良かった!

「山ある記」初参加のN氏(中)は想像以上にすばらしい動きで、全く余裕の様子だ!

楽しんでくれたにちがいない!(笑)

今回の「山ある記」はこれで、お・し・ま・い です!

次回は、フルメンバーで、ついに、あの山に 決定だ!(I氏(小)は大丈夫かな??心配だ?)(笑)

それでは、皆さん bye-bye バイバイ 




プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。