FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

< 27.比叡山~八瀬-松尾坂(西山峠)-スキー場跡-ケーブル比叡駅>>>~**山ある記 >
さ~ん!!こんちは 只今より、第27回「ある記」をはじめます!

今回は、Y氏(特大)とナント・・・2人で”比山”に行ってきました!他のメンバーは今回も残念ながら・・・

(みんなしいので)お休みです!

このルートはY氏(大)の提案で昨年8月に苦戦したところなので”リベンジ”したいとのことだ!

では、楽しい旅のスタートです!(今回は巻きで行きますよ(笑) )



09年6月17日(水)最高気温(京都) 29.6度(最低 17.7度) 晴れ時々曇り

<コースタイム>(ピストン)

ケーブル八瀬駅 09:16 → 松尾坂(西山峠) 10:25 → スキー場跡 11:05 →ケーブル比叡駅 11:21

→ (ランチタイム ~12:32)→ スキー場跡 12:44 → 松尾坂(西山峠) 13:07 → ケーブル八瀬駅 14:04








090617-0906.jpg・【0906】八から眺めた”比叡山”!奥の山の上あたりが、今回の目標地点の比叡ケーブル付近だ!良く見ると、あの I氏(小)が叫んだ”球防衛基地”が見えている!今日は天気も良く、絶好のコンディションだ!これから2時間あまりの旅だ!がんばろう!(^O^)/










090617-0916.jpg・【0916】ケーブル八駅前からスタートだ!
Y氏(特大)は以前苦戦した(大原の村別れからのルートで最終松尾を下ってきた)このルートが頭から離れ無いようだ!
でも、今日は全く余裕の様子でスタートだ!(実はここから、画面には現れませんが途中まで”人さん”とずっと一緒だった・・・(4~50才代の男性ですよ)







090617-0922.jpg・【0922】電八瀬遊園駅からケーブルの駅舎過ぎ、駅舎と平茶屋との間の道(入り口に信号機あり)を八瀬野外保育センターへの舗装路をしばらく登っていく!途中、道端には””の(多分、猿と思いますが)がたくさん落ちていた!
舗装路が右に大きくカーブして八瀬野外保育センターへ向かうところを直進(左に入る)して地道を行くとしばらく行く。木橋を渡って京都精華子中学高等学校のグラウンドの金網に沿って登っていくルートだ!



090617-0922a.jpg

・正面の電信には、案内板があった!(松尾坂)西山峠に向け進んでいく!






090617-0950.jpg・【0950】やはりここは“域”なのだろう!「浄刹結界趾」と書かれた石碑があった!ここへ来るまで、グランド沿いのフェンス付近辺りには、多くの””がいた!グランドを走り回ったり、フェンスをび越えたり、今にも飛び掛られそうな雰囲気だった!(写真を撮るのを忘れていた!)
この松坂は、昔から暦寺に直接登る参拝道だったそうで、道はよく歩かれたとみえ、深く掘り込まれている。けっこう勾配がであり、砂利、石ころが多くまた落ち葉も多いのでずるずるとよくすべり歩きにくい!





090617-1006.jpg
090617-1007.jpg・【1007】ここで1回目の休憩だ!画像では分かりにくいがY氏(特大)の””の量が半端ではない!滝のようにながれていて、シャツが”ドドボ”の状態になっていた!自分でもびっくりするぐらいの汗のようだ!(いつの間にか、ハリソンフォード似の外人さんがいなくなっていた!先に進んでいて全く追いつけてないのです!




090617-1025.jpg・【1025】””に着いたようだ!ここを手(南)に今回は進路をとりスー場跡に向かうのだ!昨年は、峠の正面から登ってきた!ここを真っ直ぐ行けば、前回迷った”林道出合”に続いているのだ!










【臨時NEWS】アノ I氏(小)の最新活躍情報を届けよう!

ナント TBSドラマにデビューだ!7月5日にスタートする 「日曜劇場 官僚たちの夏」だ!
「敗戦後の昭和30年代の通産僚と業界の奮闘を描いた作品のようだ」キャストには、北大欣也さん・佐浩市さん・船越英一さん・石一恵さんなどなど豪華なメンバーだ!佐藤浩市さんと船越英一郎さんと同じカットに登場しているとは・・・素晴らしい ブラボー!!

この下のリンクをクリック  ↓  ↓  ↓

http://www.tbs.co.jp/kanryou09/story/index-j.html




090617-1026a.jpg
090617-1026.jpg・【1027】このには、お地蔵さんが見守っていてくれました!ここは495mを示していて、スー場跡は700m強あるのでここから急な登りの連続だ!





090617-1029.jpg

・【1029】ここからスー場跡に向け急坂をY氏(大)が一気に進んでいった!(このルーは初めてなので少々不安だが、方角は間違いなと思うが、しかしどの辺りに出るのであろう!??)楽しみだ!() 







090617-1053.jpg
090617-1054.jpg・【1054】峠から20分ほど急坂をのぼり部に出たようだ!久々の太陽がまぶしく、また、暑い ここからヶ池、岩倉、市内が綺麗に見えていた!思わずY氏(特大)もこの笑顔だ!




090617-1104.jpg
090617-1105.jpg・【1105】先ほどの展ポイントから急坂を上り切ると建物が見えてきた!やはり予想通りにスキー場の建物だった!






090617-1105a.jpg・【1105】ここからり返って見ると素らしい景色が広がっていた!”水山”と”高山”(昨年8月に大原の野村別れから歩いてきた山並みだ)が目の前に現れていた!










090617-1106.jpg
090617-1106a.jpg・【1106】ドンシャ!!
スキー場跡に到着だ!峠の分岐から約30分と思っていたよりかった!







090617-1109.jpg
090617-1109a.jpg・【1109】ここの高は710mを示してた!ここまで来れば、他のハイカーに出合かなと思っていたが、全くひとけがなくなんか寂しい雰囲気だ!このゲレンデの右側(西側)の舗装路登っていけば、ガーンミュージアムやロープウエイの山頂駅に行ける!ここを左(東)に進路をとれば根本中堂方面に向かうルートだ!





090617-1109b_20090621213057.jpg・【1109】ココには、トイル北山の案内があった!今日は時間的にまだ余裕があるのでどこかにより道しようかと考えたが思っていたより暑かったので、ケーブル叡山駅方面に行く事にした!着いたら少し早いがランチにしよう!(笑)









090617-1116.jpg
090617-1121a.jpg・【1121】中で山頂まで続くローウエイの駅舎が見えてきた!この辺りにきて、人の声がたくさん聞こえて来た!そうこうしているうちに、ケーブル比叡駅に到着だ!





090617-1121.jpg
090617-1122.jpg・【1122】Y氏(大)が見ているのは、山トレイル74の標識だ!「ここまえ来たけど、どこのルートからだったのか?」って全く覚えていない様子だ!さあ、ランチだ!ランチだ!(ランチの準備でココからの景色を撮るのを忘れていました!)




090617-1128.jpg
090617-1149.jpg・【1149】ランチの準備していると、”ケーブルの登ってきた”MB軍団”が現れた!カッコイイ!颯爽と山を下りていった!TREKのBIKEが光っていた!(あれは欲しい・・・)気がつけばY氏(特大)がランチにガッツイていた!



090617-1209.jpg・【1209】ここまでの”今日の歩計”は、7596歩 を示していた!(まあこんなもんか)(笑) ランチを楽しんでいると、次から次えとハイーの方々がやって来られた!










090617-1244.jpg・【1244】さあ山開始だ!ルートをどうしようか?考えたが同じルートを戻ることにした!(母坂から修学院に下りても駅まで遠いし・・・などなど考えて・・・)今日は、全く疲労もなく元気・元気だ!さあここから、山に突入だ!










090617-1302.jpg
090617-1306.jpg・【1306】な坂を早足で一気に下った!20分強で、に到着だ!行きしなの登りは30分掛かったが・・・!ここまで来れば1時間で八瀬に下りられる!






090617-1349.jpg
090617-1353.jpg・【1353】峠からほとんど休憩無しに下りてきた!グランド沿いのフェンスが見えてきた!朝ここにはたくさんの””たちが暴れ回っていたのに、今は全く気配が無い!





090617-1401.jpg
090617-1404.jpg・【1404】帰ってきました!無事ケーブル瀬駅に到着です!








090617-1407.jpg
090617-1414.jpg・【1414】ゆっくりとした旅でしたが、を相当かいたのでけっこう体力は消耗していた!しばし休憩だ!登りは初めてのルートだったので短い時間でしたが充分楽しめました!




ここは安全で意外といいコースであり叡山への最短ルートだとおもいます!

今回の旅は、2名という事でやや寂しい感じでしたが、いい旅が出来てよかった・よかった!

これで第27回ある記はお・し・ま・い です!

次回の山ある記は・・・暑さ厳しい季節だが・・・アノ に決定だ!

フルンバーで挑みます!

(でも、ドラマ、映画で活躍の I氏()がスタントに挑戦し?? 現在負傷中です)早く直してクダサイ!(笑)

最後までお付き合いありがとうございました!

次回の「山ある記」をお楽しみに・・・!

それでは bye-bye バイバイ!





スポンサーサイト


プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。