FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<20.釈迦岳~イン谷口-釈迦岳-カラ岳-金糞峠-青ガレ~~**山ある記 >
・「山ある記」ファンの皆様こんにちは! 只今より”第20回記念号「山ある記」を始めます。
今回は、比良山系の釈迦岳に行ってきました!今回も素晴らしい天候(今秋一番)に恵まれいい旅が出来ました! さあ、旅のはじまりです!今回は、残念ながらI氏(小)はお休みでした。なんでも本業が忙しい季節になってきたようでした。(撮影日か?)

 ※比良山系 *釈迦岳(1060.3m)


<コースタイム>
  山麓旧リフト乗り場跡 08:22 → 神爾滝分岐(北比良峠) 08:42 → カラ岳分岐 09:57 
  → ワンゲル道合流 10:31 → 釈迦岳山頂(小休止) 10:38~11:06 → 関電中継所 11:21 
  → 比良ロッジ跡付近979m(ランチタイム) 11:43~12:56 → 北比良峠付近(旧ロープウエイ駅跡)13:00 
  →金糞峠 13:32  →  青ガレ 14:15  → イン谷口 15:15
 


*今回のメンバー : I氏(大)・重戦車のM氏(大)・Y氏(特大)・I氏(中)の4名
              (I氏(小)は今回お休みで、Y氏(大)の初参加実現せず)


08年11月12日(水)最高気温(京都) 19.6度 快晴(素晴らしい天候)


081112-syaka.jpg・【釈迦岳】素晴らしい眺めです!真ん中のピークが釈迦岳。リフト跡もくっきりと見え、今日はあの斜面と格闘するのだ!山頂から左へカラ岳、北比良峠、金糞峠へと進む予定です!
どんな旅になるかお楽しみに!








081112-0808.jpg
081112-0809.jpg・【0808】イン谷口の出合小屋近くに各地から全員集合!
なぜか、お揃いのベストを着ている!(笑)チームユニフォームなのだ!(^O^)/これはI氏(大)の計らいで支給されたのでけっこう皆気に入っている?ようだ




081112-0822.jpg
081112-0828.jpg・【0822】いよいよ出発だ!いつものようにY氏(特大)を先頭にI氏(大)、重戦車のM氏(大)が続いた!今日のI氏(大)は気合がいつもと違う感じで・・・!!リフト乗り場跡からそびえたつ”釈迦岳”に、ここから約2時間あまりの登りだ!




081112-0829.jpg
081112-0829a.jpg・【0829】出発してすぐに古いシャカ岳への標識があり登山道に突入した!いきなりの急坂で足元も悪い!しかしY氏(特大)のペースは快調だ!麓は日陰になっていてけっこう冷え込んでいたので全員着込んだが、すぐに汗(^^ゞが流れてきた!




081112-0836.jpg・【0836】杉林の中を順調に高度をかせぐ3人組!きれいに一列になって実に”お行儀”がよろしいですね!
最初の分岐はもうすぐだろう!しかし今日は暖かい、いや”暑い”(^^ゞ暑い(^^ゞ!








081112-0843.jpg
081112-0849.jpg・【0842】出発して20分で、ここ右へ釈迦岳へ、左へ神爾谷方面(北比良峠)の分岐点にきた!とりあえず小休止だ!皆「暑い・暑い・・」を連発してお揃いのユニフォームを急いで脱いだ! 今日のY氏(特大)のペースは速い(着いていくのがやっとだ)、I氏(大)の体調も絶好調のようで今にも「休憩なしで早く行こう」って言い出しそうだ!I氏(大)がルートを確認し、ペース(時間配分)のチェックだ!(後は任しておこう(^O^)/)




081112-0900a.jpg
081112-0901.jpg








・【0901】突然展望が開けた!絶景だ!リフト跡ルートに交わった!このあたりの標高は約600mくらいだろうか!?時間の割には高度を上げていた!(なんせ、急坂が延々と続いているし・・・・help me)ここから、たぶん天神山やハナオノが見えていた!





081112-0911.jpg
081112-0908.jpg・【0908】リフトの軌道跡に西から東へ2回目の交差だ!
おそらくこの場所は、神爾谷分岐から旧リフト駅跡へのルートの丁度中間地点だろう!軌道跡から下へ覗き込むとけっこう急勾配だ!「転がっていくと、こら止まらんわ」という感じだ!ここでも、I氏(大)は地図を取り出しルートの確認だ!さすがだ!




081112-0915.jpg
081112-0914.jpg・【0915】ここで小休止し、上の壁を見上げる重戦車のM氏(大)「次はあそこまでか・・・・↘↘↘やや辛そうだ!」、マイペースのY氏(特大)も調子がよさそうだ!I氏(大)はまったく余裕で「早くいこか」って感じだ!




081112-0925.jpg
081112-0932.jpg・【0932】厳しい急坂の連続だが、高度は一気に上がっている!下から見上げていた壁(リフト駅跡)が見えてきた!このあたりの”一歩”がなかなかしんどい





081112-0933.jpg081112-0934.jpg












・【0934】良く頑張った!リフトの山頂駅跡だ!おそらく約750mくらいまで登ったと思われる!出発して約70分でありルートマップどおりの時間だ!M氏(大)とI氏(中)は少々バテ気味だが、今日のI氏(大)とY氏(特大)は全くの余裕で休憩無しでも行ける勢いだ!しかし、ココからの眺めは最高まのでしばし景色を楽しんだ!





081112-0934a_20081116235835.jpg081112-0934b_20081116235859.jpg










・【0934】琵琶湖方面の展望もようやく見れた!雲海が素晴らしい!近江舞子あたりがはっきりと見え、素晴らしい情景だ!
もう一方、南西方向に目をやると、目の前に”堂満岳”そしてその奥に”打見山”と”蓬莱山”がはっきりと見えていた!




081112-0938.jpg
081112-0942.jpg・【0942】ここでも”I氏(大)”は地図を開けてこれからの作戦を立てていた!「感心、感心」頼みまっせー!登場!!
今日の万歩計”2697歩”・・・意外と少なかった!






081112-0950.jpg
081112-0952.jpg・【0950】しばし休憩し元気を取り戻した!次は、カラ岳への分岐点を目指した。ここからはそんなに遠くないはずだ!(しかしこの先も急坂が待っていた!)





081112-0953.jpg
081112-0953b.jpg・【0953】少し高度を上げた感じだ!ここも素晴らしい展望ポイントだ!堂満岳が目の前に広がり、蓬莱山もはっきり確認できた!また琵琶湖方面も琵琶湖大橋や南湖が綺麗に見えていた!




081112-0957.jpg
081112-0958.jpg・【0958】ここは、釈迦岳方面とカラ岳との分岐だ!ここの標高は約800mほどだろう!今回は、東よりのルート(右方向)の釈迦岳に向かった!山頂まで地図では40分と示されていた!この先ますます急坂が待っていて、厳しさが増してきた!




081112-1000.jpg
081112-1004.jpg・【1004】足元が荒々しく、急勾配のルートが800mから900mあたりに続いていた!Y氏(特大)とI氏(大)はペースを落とさずにどんどん進んでいくが、ここまで頑張ってきた、重戦車のM氏(大)にペースが落ちてきた!確かに一歩一歩がキツイ!足が上がらない感じだ!(ここは踏ん張り所だ!)




081112-1018.jpg
081112-1020.jpg・【1020】周辺が明るくなり、木々の様子ががらりと変わった!苦しめられた急坂も緩やかになり、ほっと一息だ!山頂に続く稜線に出たようだ!




081112-1031a.jpg
081112-1037.jpg・【1031】やっと”ワンゲル道”と合流した!ここから山頂まで10分の表示があった!ここまで来ればもうすぐだ!先を急いだ!いよいよ山頂だ!ついに到着だ!





081112-1038.jpg
081112-1038a.jpg







・【1038】釈迦岳に登頂だ!ヤッター!
1060.3mと書かれたプレートがあった。全員素晴らしい笑顔だ!Y氏(特大)とI氏(大)は全然楽勝・楽勝とここまで疲労がほとんどない様子だ!M氏(大)とI氏(中)は後半バテた感じだ!とのかく良かった!ここで小休止だ!出発して2時間15分かかり、まずまずのペースで進んできた!
山頂には沢山の木々が生えており残念ながら展望は良くなかった!我々が到着してすぐに、北小松方面のからのベテランのハイカーが来られた!楊梅の滝からヤケ山を経て来られたようだ!




081112-1042.jpg
081112-1039.jpg・【1042】ここまでの、”今日の万歩計は5030歩”を示していたが、はやり意外と少ない感じだ!(気分は、一万歩なんですが・・・






081112-1108.jpg
081112-1111.jpg・【1108】釈迦岳山頂で、約30分休憩し出発だ!次はランチ場所と考える北比良峠あたりか、比良ロッジ跡あたりへ向け進んだ!I氏(大)が「腹減った・・・」って・・・先を急いだ!





081112-1116.jpg
081112-1119.jpg・【1119】釈迦岳山頂を出発すて快適な尾根道を下って行った。すぐに旧釈迦岳駅方面への分岐に来た!この辺りから、高島町方面の展望も開けており、遠くに竹生島も望めた!





081112-1121.jpg
081112-1122.jpg・【1122】遠くに見えていた”関電の無線中継所に到着だ!I氏(小)なら「地球防衛基地だ!」って大ハシャギだろう!!ここから遠くに先月に上った”武奈ヶ岳”が良く見えていた!はやり貫禄抜群だ!良く考えると、カラ岳は・・・!?何処だったのであろうか?全く記憶がなく、見過ごしたのかもしれない





081112-1124.jpg
081112-1126.jpg・【1126】快適なルートだ!しかしどんどん下って行っている!素晴らしいハイキング日和だ!







081112-1140.jpg
081112-1140a.jpg・【1140】オガサカ道(八淵の滝)方面の分岐も過ぎ、いよいよ比良ロッジに近づいてきた感じだ!







081112-1142.jpg
081112-1143.jpg・【1143】坂を登り切り比良ロッジ跡の広場に到着!ここは八雲ヶ原や武奈ヶ岳への分岐だ!







081112-1143a.jpg
081112-1150.jpg・【1150】ここは琵琶湖方面への展望が良く、早速スペースを確保し”ランチ”だ!I氏(大)の「腹減った・・・」っていう声が山に”こだま”した感じで響き渡った!ランチの準備は皆素早い!お湯が沸くのが待ちどうしい!




081112-1153.jpg
081112-1206.jpg・【1206】メンバーの今日のメイン食材がこれだ!Y氏(特大)がもってきた”カレーうどん”が群を抜いて旨そうだ!気がつけば、重戦車のM氏(大)”が弁当にかぶりついていた!今日はホントに天気が良く風が通りぬけても、寒くなく気持ちいい感じだ!



081112-1222.jpg
081112-1224.jpg・【1224】ランチの後はいつものコーヒーで”かんぱ~い”!このコーヒーが本当においしいです!(^O^)/。ここまでの、”万歩計は、8420歩”を示していらが今日は、以外に少ない!





081112-1254.jpg
081112-1256.jpg・【1254】楽しいランチが終わり、出発だ!後半は金糞峠に向かい、本日のメインイベントの”青ガレ”(あー怖)から下る事に・・・!まずはロープウエイ跡地に向かった!





081112-1237.jpg
・【1237】武奈ヶ岳の勇姿も今日は見納めか!?
しかし素晴らしい姿だ!









081112-1300a.jpg
081112-1300.jpg・【1300】すぐに、ロープウエイ駅跡に着いた!ココからの展望も素晴らしかった!琵琶湖方面の沖ノ島が浮かび上がっているように見えた!





081112-1306.jpg
081112-1317.jpg・【1317】ロープウエイ駅跡地を出発し、北比良峠を経ずに?金糞峠に向かった!I氏(大)には金糞峠はいいイメージがなく「いやな所やなー」っと呟いていた!途中、石楠花(しゃくなげ)街道の中をかきわけて進んでいた!





081112-1332.jpg
081112-1332a.jpg・【1332】金糞峠に到着だ!ここは交通の要所だ!南からの縦走路の分岐点だ!北へ、南へ、東へ、西へと・・・。今日はここから、看板の注意書きにもある、大山口へ”青ガレ”を経由しておりていく事にした。ここでも、I氏(大)は丹念にルートを確認していた!





081112-1336.jpg
081112-1346.jpg・【1336】下山開始だ!絶好調のY氏(特大)を先頭に慎重に進んだ!しかし石がごろごろして歩きにくい!ルートも非常に不明瞭だ!ゆっくり下ろう!





081112-1353.jpg
081112-1400.jpg・【1400】途中振り返って見ると、結構険しいルートだとわかる。ルートが分かりづらいが登りの場合ペイントの矢印がよくわかるので大丈夫だろう!話はかわるが、”この”ゼロポイント”の”チャチャバック”は優秀だ!コストパフォーマンスも抜群でオススメの一品ですね!ちなみに重戦車のM氏(大)もI氏(大)もチャチャバックだ!




081112-1405.jpg
081112-1408.jpg・【1408】険しさも一段と増してきた!”青ガレ”に近づいてきた感じだ!足元は乾いているがけっこうすべりやすい!こけないように慎重に行こうっと!






081112-1410.jpg
081112-1412.jpg











・【1410】ついに”青ガレ”に突入だ!Y氏(特大)、I氏(大)、M氏(大)とも一歩、一歩進んだ!



081112-1412a.jpg
081112-1413.jpg











・【1413】この辺りが”核心部”だろう!登りの場合このあたりはペイントがなければ、迷い込んでしまいそうだ!もうすこしで通過出きるだろう!がんばろう!




081112-1414.jpg
081112-1414a.jpg











・【1414】青ガレの標識が見えてきた!無事通過出来そうだ!ここでは、一人づつ安全に進んだ!



081112-1415.jpg
081112-1416.jpg・【1416】問題なく通過完了です!しかしスリルがありましたね!もしも雨で濡れていたらと思うとゾーットしまあしたね!ここまで来れば、安心だ!しかしまだ1時間はかかるだろう!




081112-1420.jpg
081112-1422.jpg・【1422】青ガレを過ぎるとこんな雰囲気の下りがしばらく続いた!坂は緩やかになったが相変わらず足元が悪いので油断は出来ない!落ち着いた所にきたのでここらで一息入れよう!





081112-1441.jpg
081112-1500.jpg・【1500】”隠れ滝”を通過し、何とか大山口付近に着いた!結構険しいルートだったが、肉体的疲労は少ないが、精神的に疲れた感じだ!






081112-1512.jpg
081112-1515.jpg・【1515】無事、イン谷口まで戻って来れた!時間に余裕があれば堂満岳に登っておりてこようと思っていたが、次回に取っていこう!今回の山ある記はI氏(大)とY氏(特大)の力強さが際立った!結構厳しい前半の釈迦岳への登りのスピードには驚いた!どこでいつの間にかパワーアップしたのだろうか?その2人についていった、重戦車のM氏(大)もなかなかのつわものだ!また、I氏(大)だマップを片時も離さずルートをナビゲートしてくれたおかげでいい旅が出来た!感謝・感謝(^O^)/

振り返って山を見上げて見ると、”やっぱり、山はいいもんだ!” 次はどこに行こうかな!?次は、多分アノ山に決定だ!次こそ、Y氏(大)が・・・・!?

CA340087.jpg・おっと忘れていた!今日の全工程の万歩計は、18209歩を示していた!まあこんなもんか!(笑)

*こうして、無事20回目を迎えられたのも皆様のご声援のお陰です!
 ありがとうございました!これから、30回・・40回・・と頑張っって行きたいと思います!これからもよろしくお願いいたします!

今回の第20回記念号「山ある記」はこれで、お・し・ま・い です!
それでは、次回の山ある記をお楽しみに!(*^_^*)

バイバイ・・bye-bye・・

最後までお付き合いありがとうございました!











スポンサーサイト


プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。