FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<19.武奈ヶ岳~葛川坊村-明王院-御殿山-ワサビ峠~~**山ある記 >
「山ある記」ファンの皆さ~ん!こんにちは!只今より、第19回「山ある記」を始めます!
今回は、あの比良山系 最高峰の武奈ヶ岳に行ってきました!素晴らしい天候に恵まれゆっくりとした旅で絶景を楽しんできました!

 ※比良山系最高峰 *武奈ヶ岳(1214.4m) 日本二百名山    * 御殿山(1097m)


<コースタイム>(ピストン)
  明王院 08:32 → P846付近 10:07 → 一本松 10:33 → 御殿山 11:01 → ワサビ峠 11:15       → 武奈ヶ岳山頂 11:51(ランチタイム)~12:53 → ワサビ峠 13:19 → 御殿山 13:30  → 一本松 13:47 → P846付近 14:11  → 明王院~地主神社 → 15:19
 

・・<メンバー>I氏(大)、I氏(小)、M氏(大)、Y氏(特大)、I氏(中)の5名
         残念ながら、Y氏(大)の初参加ならず!

08年10月29日(水)最高気温(京都) 20.5度 快晴(素晴らしい天候)後曇り(山沿いにわか雨有り)


081029-1151_20081029212913.jpg

【特別版】・この全員の笑顔が、今日の旅の素晴らしさを物語っています!ここまでけっこう厳しかったけれでも、無事武奈ヶ岳に登頂だ!1214.4m!


081029-aaa.jpg081029-bbb.jpg ・【目印】登山口へのアクセスはご存知の方も多いですが、R367坊村の曙橋の点滅信号近くに、このトイレがありその奥に”比良山荘”の前を通って地主神社に突き当たります!






081029-0832.jpg081029-0815a.jpg・【0832】準備を整えて出発だ!これから長く厳しい戦いだ! 地主神社前から、朱色の橋を渡ってすぐ近くの明王院に向け歩き出した!
案内板にあるように今回は”御殿山コース”へ・・・!





081029-0834.jpg
081029-0835.jpg・【0834】登山道に入った瞬間から、いきなり恐ろしいほどの急坂が待っていた!九十九折れにどこまでも続き、Y氏(特大)を先頭にいっきに高度を上げていく!すぐに息が上がってきた!






081029-0853.jpg
081029-0848.jpg・【0853】凄まじい急坂だが、さすがにY氏(特大)のペースは素晴らしい!順調だ!出発して20分しか経過してないが、けっこう高度が上がっている雰囲気だ!今日はメンバー全員絶好調のようだ!しかし、I氏(小)の姿が見えない!どうしたのだ?
・・・。この赤い実の植物があちらこちらにあるが名前がわからない!?





081029-0921.jpg
081029-0930_20081101001634.jpg・【0930】途中でようやく展望が開けている所を発見!素晴らしい景色だ!紅葉も見事だ!早く武奈ヶ岳への稜線に到達したいもんだ!






081029-0945.jpg
081029-0953.jpg・【0953】出発して1時間半弱ようやく少し歩きやすい勾配になってきたが、しかしまだまだ厳しい!Y氏(特大)と重戦車のM氏(大)は全く衰えを見せない軽快なペースだ!I氏(大)がいないが、実は皆のペースが遅すぎて先に行ってしまっているのだ!(今日は特に快調のようだ!) I氏(小)の姿も見えないがどうしたかは!?・・・ここでは言えない・・・!?




081029-1007.jpg
081029-1010.jpg・【1007】標識が現れた「武奈ヶ岳まであと1.5km」と示されていた。ここはおそらく”P846”付近と思われる。ここで小休止だ。I氏(小)もいつの間にか追いついていた!前半の急坂に比べこのあたりは少し緩やかになってきて良かった!ここから御殿山までまだまだ遠いが頑張ろう!



081029-1019.jpg
081029-1024.jpg・【1024】少し休憩し出発だ!ここへ来るまで、多くの方々に追い抜かれたが、皆さんつわものばかりだ!さすがに人気の”武奈ヶ岳”だ!P846付近から少し尾根路をすすんで東の斜面(展望はないが)を行くと、素晴らしい谷合いのルートになってきた!秋景色には少し早いが心を癒される”自然美”だ!



081029-1033.jpg081029-1033a.jpg
081029-1034.jpg
・【1034】レスキューポイントの看板があり、すぐに突然展望が開けた!ここは1990年代の地図には”一本松”と書かれていた!?最新の地図には”イオウハゲ”と書かれているが・・・?詳しくは分からない!ここからの展望は、朽木方面の安曇川やおそらく南岳や白倉岳、遠くは三国岳や百里ヶ岳などなどが目の前に広がっていた!素晴らしい!




081029-1101.jpg
081029-1102.jpg・【1101】”一本松”?を出発し、約30分でようやく「御殿山」1097mに到着いや登頂だ!そしてついに、武奈ヶ岳が姿を現した!(右奥のピークの更に奥が山頂)感動だ!そして”西南稜”は本当に素晴らしい!ここからも、多くのハイカーが西南稜を歩いている姿が確認出きる!あともう少しだ!ワサビ峠へいったん下り、4,50分の距離だ!




081029-1110.jpg
081029-1111.jpg・【1110】御殿山で小休止し、ワサビ峠に下って西南稜に向かった!もちろん下りは”スペシャリストのI氏(小)”だ!途中、緑の綺麗な植物が一面に茂っていた!




081029-1116a.jpg
081029-1116.jpg・【1116】すぐにワサビ峠に到着だ!ここは中峠への分岐であり、コヤマノ岳(1181m)や金糞峠、堂満岳(1057m)へのルートだ!







081029-1124.jpg
081029-1125.jpg・【1125】ワサビ峠からは登りだ!御殿山から見えていた手前のピークへのガレた登りルートが結構きつかった!しかし、重戦車のM氏(大)はここまで全く衰えを見せない!素晴らしいパフォーマンスだ!ここまで来るといよいよ近づいてきた感じだ!武奈ヶ岳へのこの西南稜のルートは本当に素晴らしい!






081029-1125a.jpg
081029-1132.jpg・【1132】I氏(大)の目線の先は鋭く”武奈ヶ岳”に向けられていた!胸が高鳴っているようだ!ここからはまだ山頂が見えない!






081029-1135.jpg
081029-1135a.jpg・【1135】ケルンのある小ピークからの展望も素晴らしい!北方面(朽木、安曇川)も絶景だ!最後の急坂に向かった!ここを登りきれば山頂が現れるはずだ!






081029-1138.jpg081029-1144.jpg・【1144】何とか登り切ったが、ガレ場(大きな岩があった)で一時立ち往生!「ルートがない!」ってI氏(大)が叫んだ!







081029-1147.jpg
081029-1147a.jpg・【1147】分岐が現れた!ここはコヤマノ岳・八雲ヶ原方面へのルートがある!そして、やっと琵琶湖が薄っすらと見えていた!素晴らしい景色だ!





081029-1148.jpg
081029-1149.jpg・【1149】ついに山頂が見えた!いつの間にかI氏(大)を先頭にY氏(特大)、重戦車のM氏(大)のペースが上がってあっと言う間に行ってしまった!M氏(大)は最後のほう小走りで駆けていった感じだ!





081029-1152.jpg・【1152】11時51分に「武奈ヶ岳」に無事登頂だ!1214.4m!ヤッター!全員で思わず握手をしていた!素晴らしい達成感だ!!山頂付近には、既に多くのハイカーの方々がくつろいでおられた。次々に旅立たれ、次々に登られてくるこの武奈ヶ岳は本当に大人気の山だ!しばらくの間、達成感とここからの絶景に酔いしれていた!ここでI氏(大)の「腹減った~!」この雄たけびで・・・我にかえり・・待ちに待ったランチタイムだ!





081029-1201.jpg
081029-1211.jpg・【1201】ランチだ、ランチだ「いただいてまーす」I氏(大)が早くもがっついていた!「旨い・旨い・・・」を連発だ!今日のランチは格別だ!昼時なので、次から次へと登ってこられる!団体さんや一人の方、縦走の60ℓ以上のデカイ!バックパックの2人組などなど・・・好天のため山頂は賑やかだ!ここは360度パノラマだ!





081029-1227.jpg
081029-1216.jpg・【1227】I氏(小)もこの通り・・・!今日のランチは、皆の反対を押し切って、”一平ちゃんの冬季限定仕様”ガーリック・みそ・トンコツのチーズトッピングなんやらかんや”というやつで、匂いがきついが、旨そうだった!(でも大盛は、水節約のため禁止だ!) ランチの最後は、なんと言ってもこのコーヒーだ!「カンパーイ!




081029-1212.jpg
081029-1245.jpg・【1245】山頂付近には(あまり写真には写っていないが)記念写真を撮る人がひっきりなしにやってくる!我々のいる北側斜面は風が通るので、他の方々の多くは東や南側に多くおわれた!(確かに北側はじっとしてると寒いですわ)

今日の万歩計!!ここまで 8568歩!以外に少ない感じ!?





081029-1251.jpg
081029-1251a.jpg・【1251】時間が迫ってきた!名残惜しいが、旅立ち前にもう一枚・・・!皆、満足そうだ!







081029-1253.jpg
081029-1254.jpg・【1253】下山開始!!このころになると急に天候があやしくなってきた!これからおそらく2時間半ぐらいの旅になるだろう!山頂を振り返ってみると、多くの人たちに見送って手を振ってもらっていた!?「また来ます!さようなら~」




081029-1302.jpg


・【1302】素晴らしい景色だ!この武奈ヶ岳の西南稜は本当にいいところだ!蓬莱山、打見山方面がはっきりと見えていた!










081029-1305.jpg
081029-1311.jpg・【1311】”すすき”が生い茂っている稜線を順調に御殿山方面へ進んでいる!途中、ワサビ峠への下りのガレ場をI氏(小)を先頭に慎重に下降中!しかしI氏(小)の下りのスピードは早いですわ!(^^ゞ汗!!







081029-1330.jpg
081029-1345.jpg・【1330】御殿山(1090m)の戻ってきた!山頂からここまで37分(行きは登りで50分)!今日は、Y氏(特大)が随分しんどそうだ!「下りはあかん、しんどい・・・」を連発だ!休憩もほどほどにして先を急いだ!登りがけっこう厳しかったこのルートもI氏(小)を先頭に軽快に進行中!(早すぎて追いつきません)





081029-1347.jpg
081029-1356.jpg・【1347】御殿山から15分ほどで”一本松?”に到着だ!M氏(大)が「これが一本松か!」ってうなずいていた!きょうもM氏(大)は全くの余裕だ!さすが重戦車だ!







081029-1358.jpg
081029-1400.jpg・【1400】素晴らしい谷合いのルートだが、見た目よりも勾配がキツイ感じだ!こういうところを歩いていると本当に”心が癒されている”感じですね!おっと、そういえばまたまたI氏(小)の姿が写っていませんね!すでに先を行ってしまったのか!?いや違うんですわ!ここではいえませんが・・・(コメントを参照してくだされ)




081029-1406.jpg
081029-1411.jpg・【1411】P846付近に戻ってきた!ここではべつのグループのかたも休憩されていた!ここへくるまで別の尾根に一人で上がってすすんで行ったが、斜面から滑り落ちそうになりなんとか引き返し難を逃れた!(しかし危なかった

I氏(大)が静かにくつろいでいた!『眠たくて死ぬー』って叫んで少し落ちていた!(おやすみ)




081029-1435.jpg
081029-1434.jpg・【1435】だいぶん下ってきた!最後の休憩だろうか!しかし下りも厳しい。Y氏(特大)が随分遅れてきた!大丈夫だろうか?足が痛いらしい!ここからは自分のペースでゆっくり下りるとの事だ!がんばれ!ゴールまであと30分くらいだろう!





081029-1515_20081105223026.jpg
081029-1518.jpg・思っていたより下りが長く時間が掛かった!ようやくスタート地点の改修工事中の明王院が見えてきた!やっと戻ってきた!この橋を渡ればゴールだ!






081029-1518aa.jpg
081029-1518a.jpg・【1518】明王谷は静かに流れていた!無事帰還しました!地主神社前に到着です!








081029-1518c.jpg
081029-1518b.jpg
・【1519】お疲れ様でした!帰ってきました!山頂での笑顔も良かったが、この笑顔も素晴らしい!本当にいい旅でした!今日の万歩計は20213歩を示していた!(こんなもんか!?)
今回の「山ある記」は天候に恵まれ、素晴らしい”武奈ヶ岳”が見れよかった!前半の登りの辛さにはさすがに参ったが、西南稜の素晴らしさが苦しみを忘れさせてくれました!また機会があれば、もう一度でも、二度でも行きたいですね!

次回の「山ある記」は、1060.3mのあの山と1057mのあの山に決定だ!
あのY氏(大)が・・・えっつ!ホントに・・・!たぶん!?ついに初参加か?楽しみだ
今回の『山ある記』はこれで、お・し・ま・い です!

次回の「山ある記」をおたのしみに・・・!では  bye-bye


P.S そういえば、次回は第20回記念号か!いい旅にしょ~っと!(笑)(^O^)/










スポンサーサイト


プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。