FC2ブログ
山ある記
ボチボチと山に登って、ボチボチとRUNを楽しんでます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<17.比叡山~野村別れ-水井山-横高山-松尾坂-八瀬~**山ある記 >
皆さん~!こんにちは・・・只今より、第17回「山ある記」をはじめます!
今回から、なんと・・(予告通り?)メンバーが・・・NEW FACEの登場です!名前?強力なメンバーなのだ。よっし”重戦車”のM氏(大)と命名しよう(^O^)/。これからよろしくお願いします!
お詫び、全国のI氏(小)の皆様へ。今回の山ある記は残念ながらお休みになりました!
次回をお楽しみに

今回の旅は、天候があやしく苦戦が予想される中でしたが、いい旅ができました。しかしルートも分からず迷いかけたが無事戻れ良かったです!


※仰木峠m(573m)、水井山(794.1m)、横高山(767m)

<コースタイム>
  野村別れ 09:04 → 仰木峠 10:06 → 水井山山頂 11:06 →  横高山山頂 11:32
  → 玉体杉 11:54(ランチタイム) → 釈迦堂 13:49 → 鎮護国家石碑/松尾坂分岐 14:23 → 
  林道出合い 15:09  → 松尾峠/旧スキー場分岐 15:28 → ケーブル八瀬駅 16:26


08年8月27日(水)最高気温(京都) 30.2度 曇 のち 雨 のち 曇

・・メンバー・・ ~I氏(大)~・~Y氏(特大)~・~M氏(大)~・俺(I氏(中))~の4名

080827-0816.jpg


・【0816】八瀬から見上げた比叡山!こんな感じで、山頂方面はこのとおりガスに覆われて見えない状況です!少々の不安はあったものとにかく登山道入り口へスタート!







080827-0857.jpg

・【0857】ここは大原野村別れにある、登山道入り口近くのコンビニ!です。ここまで送っていただいた”心やさしい方"お世話になりました。ありがとうございました。
いきなり"重戦車 M氏(大)”が登場だ!じっと静かに時が来るのを待っているようだ!おなじみのメンバーI氏(大)とY氏(特大)もせっせと腹ごしらえ中だ!こうして良く見ると、M氏(大)もミリタリー系かな!?きっとI氏(小)と気が会うはずだ!





080827-0904.jpg
080827-0905_20080830201342.jpg
・【0904】さあ出発だ!全員そろって、まずは”仰木峠に向け!野村別れバス停近くの信号を渡って路地に向かった!実はここのコンビニ(ファミマ)で仰木峠へのルートを教えてもらったのだ!とても親切で、買い物を済ませ外でワイワイやっていると、わざわざ観光地図まで持ってきていただいた!とても助かりました!ありがとうございました!



080827-0907.jpg
080827-0905a.jpg・【0907】信号を渡り向かいの路地を進んでいったら、すぐに二手に別れていて別々に進んだがしばらくして合流した!道なりに右が正解だ!




080827-0911a.jpg
080827-0911_20080830204158.jpg
080827-0910.jpg




・【0910】立派な東海自然歩道の標識と地図が現れた!仰木峠まで2.1kmと示されていた!ここで発見だが、”野村別れ”と思っていたらここでは”野村岐れ”になっていた!ここからは結構きびしい登りが続くはずだ!いつものようにY氏(特大)にペースを作ってもらおう!M氏(大)の健闘を祈る!(少し心配だ!?) (^_^;)



080827-0912a.jpg
080827-0912.jpg080827-0914.jpg

・【0912】ここには、”水井山登山口”!と”比叡山、延暦寺、坂本登山口”と書かれた標識があった!Y氏(特大)が順調に力強く進んで行っている!
ここで、後ろを振りかって見たら、思ったよりも高台にきていた!大原の山々の金毘羅山(572.8m)と翠黛山(577m)だろうか!?(分からなくてすみません)良く見えていた!




080827-0915.jpg
080827-0915a.jpg
・【0915】突然ゲートが現れ、行き止まりか!?
 ”熊出没注意”っえマジでか!「こんなとこ行って大丈夫か!?「えらいとこ来てしもたなー」(M氏(大)の心の叫び)と、不安そうに看板を見ていたようだ!←これは虎か?このゲート(フェンス)に右側に扉があり、ひもでくくられていたが、簡単に解けるようになっていたので無事に”熊のおリ”の中?に入れた!(あー怖)




080827-0916.jpg
080827-0935.jpg
・【0935】Y氏(特大)が今日も順調に進んでいるが、少しハイペースでついていくのが精一杯だ!ここまで、”重戦車 M氏(大)”は余裕でついて行っている感じだ!しかし、天候が悪く、森の中は薄暗い感じで、湿度も高く"恐ろしいほどの汗”(^^ゞが噴出してきた!




080827-0939.jpg
080827-0938.jpg
・【0939】第1回目の休憩だ!暑いですわ!ここは、仰木峠まで0.9km地点の標識が・・・。今日は、I氏(大)が静かでなんか不気味な感じだ!?(なんかゆーてーな!)ここで、Y氏(特大)にペースを少し落としてもらうことを伝えが、本人はゆっくり行っているらしい?最後までもってくれればいいのですが・・・?




080827-0947.jpg
080827-0951.jpg・【0951】ここで恐ろしい看板を発見だ!「この下”ヒル”が出ます」って、あの恐怖の”ヤマビル”だ!そういえば、このルートは沢沿いにずっと歩いてきたのだ!すぐに体中を見たが大丈夫そうだ!ここは、トレイル北山19番で、大原戸寺方面(ボーイスカウト道)への分岐(合流)地点の様だ!この急坂を下れば野村別れの信号の一つ南の信号の367沿いの戸寺に行け、大原記念病院から瓢箪崩山へ行けるようだ!こちらがトレイル道のようだ!しかし険しそうだ!もうすぐ仰木峠だ!0.5kmの標識を通過し頑張ろう!



080827-1007b.jpg  080827-1007.jpg

080827-1006.jpg
080827-1007a.jpg・【1006】仰木峠に到着!!\(^o^)/573m地点だ! 
ここは、大原の里と仰木の里を結ぶ峠であり、かつて仰木から江州米など物資が牛や人力で運ばれていたようだ。続きは標識で・・・!野村別れからここまで約1時間!予定通りの時間だ!しかし、M氏(大)は良く頑張っている!あのY氏(特大)のペースに遅れることなく来ているのだ!さすが”自称 アウトドアマン”だ!何かへんな写真だが、なんやこのI氏(大)のポーズは(笑)!良く見ると結構疲れてたみたいですね!
※ここから(北へのルート)・・・小野山、梶山から大原へ  (東へのルート)・・・大津市仰木へ
      (南へのルート)・・・水井山や横川中堂から比叡山へ

これをみてもここは交通の要所だったようだ!今回はここから南の水井山経由横高山方面へ行くことにした!



080827-1019.jpg
080827-1020.jpg
・【1019】少し休憩し、仰木峠を出発だ!次の目的地は水井山山頂だ!このあたりから、風が強くなり雨も気になり始めた!








080827-1026.jpg
080827-1026a.jpg
・【1026】気がつけばあたりはガスがきつくなって来た!もやっている感じだ!ここは東海自然歩道との分岐で、横川経由で延暦寺へと我々が進む、水井山経由で延暦寺にわかれる。Y氏(特大)のペースは順調で、仰木峠までの登りは少々厳しかったが、この辺りからはまずまず快適だ!?(思い出せばやっぱりきつかったかな?)





080827-1027.jpg
080827-1027a.jpg・【1027】トレイル北山17番地点であり、しっかりとした案内標識もあり安心して歩けるルートだ!(しかし、そういえば今日はまだ誰にも会っていないようだ。天気が悪いせいかもしれませんね)






080827-1038.jpg  080827-1041.jpg
・【1041】風がキツイ!木に付けられているピンクのリボンが飛んで行きそうな勢いだ!また、足元はこのように根っこが張り巡らされておりつまずいてこけそうな感じ(^_^;)





080827-1059.jpg
080827-1059a.jpg
080827-1105.jpg





・【1059】この先、厳しい登りが待っていた。しかしここまでくれば”水井山”は近い!M氏(大)ガンバレ!しかし今日のI氏(大)は寡黙だ!(何か後が怖いな・・・)
歩きながらずーっと考えていたのが、晴れていたら多分素晴らしい景色が望めるはずなのに・・・!
ここは、ルートが整備され素晴らしいところだ!安心して歩ける所だ!







080827-1107.jpg
080827-1106.jpg
・【1106】(^O^)/バンザーイ!
水井山登頂だ!794.1m征服だ!全員素晴らしい笑顔だ!苦労が報われた瞬間だ!I氏(大)のガッツポーズが素晴らしい!初参加のM氏(大)も良く頑張った!さすが”重戦車”だ!頼もしいメンバーだ!Y氏(特大)はいつものように余裕だ!





080827-1107a_20080904221344.jpg
080827-1107b_20080904221420.jpg・【1107】ひっそりとあった、三角点を発見!そばには、色々なプレートも飾られていた!天候も怪しくなってきていたので、休憩もそこそこに先を急いだ!ここは展望が全くなく寂しい感じだった!晴れた日にもう一度来たいもんだ!



080827-1121.jpg
080827-1124.jpg・【1124】水井山を出発して、下って、登って・・・いい所だ!快適な尾根道が続いていた!全員元気に次の目標場所の横高山を目指した!










hieizan2-1_20080904222620.jpg

・【西賀茂付近】別の日に、西賀茂付近から撮った、比叡山です!左端のほうに通称”おっぱい山”!?の水井山・横高山が連なっている!少し遠近感で錯覚しそうだが、比叡山がでかく見えますね!







080827-1132b.jpg
080827-1132a.jpg
080827-1132.jpg





・【1132】横高山に登頂!767mだ!ヤッター!水井山から20分ほどで到着だ!ガスもきつく、展望が全く無い!方角もよくわからない感じだ!しかし、奥の方に男性の方1人がおられ、休憩されていた!ここまでの、M氏(大)の動きはさすがだ!全く問題なく初参加とは思えない!?(素晴らしい)そして突然、いつものように、I氏(大)が「腹減った」との声が聞こえてきた(ブルブルあー怖)こんな感じだが、もう少し先に進んで、”玉体杉”があるところまで行く事にした!見通しが悪くルートが分かりづらいが、トレイル北山13番が示す方に出発だ!

※※いつものように、ここまでちょースローペースで進んでいますが・・・頑張ります!(苦笑)




080827-1145.jpg
080827-1143.jpg・【1145】横高山山頂を出発してすぐ、強烈に急坂の下りが待っていた!とりあえず一歩・一歩確実に下りていったが、ここでアクシデントが・・・!
あの、猛者のI氏(大)が坂でスリップし滑り落ちたらしい!地力で止められず、下にいたY氏(特大)に激突して、難を逃れたとの事だ!幸いケガがなくほっとした!”猿も木から落ちる”こともあるんですね!



080827-1147.jpg
080827-1147c.jpg
080827-1148.jpg
・【1148】”せりあい地蔵”に無事到着だ!ここは、目印となる分岐点だ!進行方向真っ直ぐ(南)へ行けば、玉体杉を経て釈迦堂へ、左の(東)へ行けば、ドライブウエーに出られる。また右の(西)へ行けば、黒谷越でR367沿いの秋元町(サークルK)の登山口へ通じている!I氏(大)もこのように元気でよかった!お腹も減ってきたので、先を急ごう!




080827-1151a.jpg
080827-1150.jpg
・【1150】ここから、玉体杉はそんなに遠く無いはずだ!ランチ・ランチ・・・!M氏(大)がここで先頭に立ち旅をリードした!(あれっ!!I氏(大)の姿が・・・)多分腹が減って・・・・!

ここで、「I氏(大)」について少し触れてみよう!
今までにわかっている情報では、①たぶん団子屋さん ②よく腹が減る ③腹が減ると怖い ④石の階段を見ると走り出す・・・まあこんな感じですかな!
実は、”アルピニスト”といえば「I氏(大)」だ!過去に、上高地から~涸沢ヒュッテ~ザイテングラード~奥穂高(3190m・・・国内第3位)~あの恐ろしい”ジャンダルム”を制覇し西穂高まで縦走した男だ!このルートは一般登山道としては、屈指の難ルートだ!すごい奴 いや 方 だ!
そういえば、「ロバの耳」はきつかったなど楽しそうに話していた事を思い出した!
※だから、このチーム「はやぶさ」の要であり、常に冷静な判断で助けられているのだ!これが、I氏(大)の人物像の一つですね!(最近、本業?の団子が儲かっているかは不明(笑))




080827-1154.jpg
080827-1154a.jpg・【1154】玉体杉と呼ばれる巨木に到着だ!本当に立派な神聖な杉のようだ!しかし、ここは強風が吹きぬけるポイントのようで雨もすごい感じで降りかかってきた!。玉体杉について書かれているプレートを読もうと想ったが、とにかく”ランチ”だ!「腹減った」とI氏(大)がうなった!同時に「メチャ寒いわ・・・」って叫んだ!急いでみんな、雨具を着た!


※元々この尾根道は回峰行者がたどる「峰道」と呼ばれる所で、千日 回峰の行者がここから御所を望んで天皇(玉体)の安穏を祈ったのが、名前の由来だとか。行者は この場所のみ腰をおろす事 が許されているとこことらしい。(ここにはりっぱなベンチがありまた!)





080827-1206.jpg
080827-1206a.jpg・【1206】ここまで、M氏(大)は良く頑張った!さあランチだ!ランチだ!I氏(大)とY氏(特大)は仲良く肩を寄せ合ってお湯を既にわかしていた!何かヒソヒソ話のようだ! 今、M氏(大)が立っている玉体杉の裏側は実はいいポイントで雨もあまりかからず、風も丁度さえぎられていた!





080827-1207_20080906212731.jpg
080827-1221a.jpg・【1221】フル火力でお湯をわかして、おいしいラーメンがあっという間に完成です!お先にいただきまーす!今日はなかなかの条件でのランチだ!たまにはこんな経験もいいだろう!
「抜群においしーい」





080827-1221.jpg  080827-1231.jpg
・【1231】みんな、美味しそうだ!M氏(大)はツワモノが食べる”助六”だ!+カップヌードル+パン2個(食いすぎや)。I氏(大)とY氏(特大)もすごい、”あの 満腹弁当”+カップヌードル(チキンラーメン)かすごい食欲だ!



080827-1248.jpg
080827-1251.jpg・【1251】ゆっくり休憩し、エネルギー充電完了だ!ランチの最後はやはり、この美味しいコーヒーで「かんぱーい」!









080827-1304.jpg  080827-1306.jpg
・【1306】この時間になってやっと、ガスが薄くなり、(左)宝ヶ池方面?が薄っすら見えた!(右)は三石岳、横川方面が一瞬見えた!すぐ近くにドライブウエイがあるのも確認できた!さあ時間も押してきた!出発準備だ!(山ある記もいつもながらロングバージョンでなかなか進まないやや反省だ)





080827-1308.jpg
080827-1315.jpg・【1315】みんな笑顔のいいカットが撮れた!出発してすぐにドライブウエイに出た!ここがどのあたりかあまりわかっていなかった!







080827-1322.jpg
080827-1326.jpg
080827-1326a.jpg

・【1326】ここはドライブウエイの○○レストランのあるところから少し入った、青龍寺と釈迦堂への分岐点のようだ!ここで、比叡山全体の見取り図が頭に入っていないので、いまひとつ方角がピンとこない!すこし考え、西塔方面(釈迦堂)に向かった!




080827-1333.jpg
080827-1336.jpg・【1336】I氏(大)を先頭に西塔方面に階段を上っていった!ここまできたら、やっと観光客やハイカーに出会った!途中でベテランの女性ハイカーの団体さんとすれ違う時に「おっきいお兄さんやなー、みんなおっきいわ」って言われた!先頭にI氏(大)+Y氏(特大)+M氏(大)の3人は180cm超の大物だ!しばらく進むと沢山のお地蔵さんが並んでいた!


※※ペースUPだ!しかし、このあたりからデジカメの電池が赤ランプ点灯でいつ切れるか分からない状況でした!節約、節約(しかし今回は全般に写りが悪すぎ)



080827-1344.jpg
080827-1343.jpg
080827-1345.jpg





・【1345】ここは、トレイル10-2が示しているように、ドライブウエイをくぐるトンネルを抜け釈迦堂に向かった!トンネルを抜けたところで、I氏(大)がルートを確認していた!
がんばれ!




080827-1347.jpg
080827-1351.jpg

080827-1349_20080906230813.jpg





・【1351】居士林齋食道場が現れた!一体ここではどんなことを修行するのだろうか!?そうこうしているうちに、トレイル北山9-2が示しているように”釈迦堂”に到着した!ここには沢山の観光客がおられた!ここは本当に立派な建物だった!





080827-1401.jpg
080827-1402.jpg・【1402】ここには、ひっそりとした佇まいの"椿堂”があった。ここからはトレイル8番に記載されているケーブル比叡方面に向かった!








080827-1406.jpg
080827-1408.jpg・【1408】突然、多くの学生さんたちに遭遇だ!高校生だろうか!?小僧さんや先生らしき人に連れられて何処かに行くようだ!ここでI氏(大)が水飲み場を発見した!「あった、あったと手が洗いたかったんやって・・・」例の坂でスリップしてどろどろなった手が洗いたかったようだ!





080827-1410a_20080908234403.jpg
080827-1410_20080908234505.jpg
080827-1409.jpg





・【1410】ここの庭は恐ろしく手入れがされていて綺麗なところだった!そういえば、なんとう言うところだったのか!?残念ながら分からなかった!すぐに、石の長い・長い階段が待っていた!やはり、I氏(大)とY氏(特大)が走り出した!(なんでそんな元気やねんって、M氏(大)は思って見つめていた)




080827-1418a.jpg
080827-1418.jpg・【1418】長い階段を登り切って、”山王院堂”前に到着だ!ここには、ドライブウエイをわたる陸橋があり、ケーブル比叡に通じるルートに合流だ!ここで、Y氏(特大)が階段を走って、足を少し痛めたようだ!時間も押してきているので、少し休憩し先に進んだ!帰りのルートは、八瀬に下りる”松尾坂”経由のルートが気になっている!明確な場所が分からず、階段を登る途中で掃除をされていた、小僧さんに尋ねてみたが、はっきりとは分からなかった!(最悪ケーブルで下りられるが・・・)





080827-1423a_20080909000325.jpg
080827-1423_20080909000420.jpg
080827-1424.jpg






・【1424】ここが、先ほど小僧さんに教えてもらった”松尾坂”への分岐となる”鎮護国家に石碑”だ!(写りが悪くすみません (>_<))(デジカメの電池がなくなった)ここから、林道出合の方向に行こうと行こうするが、ルートがハッキリせず不安があり、少し検討だ!I氏(大)は時間も押してきているので、正規ルートをはずれるのは、リスクが高いのではと・・・。その通りだ!Y氏(特大)の足の調子も気になるが・・・。ここはあえて、強引にチャレンジする事に・・・!




080827-1428.jpg
080827-1433.jpg・【1433】少し休憩し、トレイル道をはずれ松尾峠に向け林道方面に進んだ!少々不安はあったが、「何とかなるだろう」と考えていた!ルートはしっかりとした立派な所だ!





080827-1435a.jpg
080827-1435.jpg・【1435】すぐに、展望が開けた!おそらく宝ヶ池、岩倉方面だろう!I氏(大)も興味深そうに眺めていた!(Y氏(特大)の調子が気になる感じだ!)快適な山道が続いていて、標識にもあった「林道出合」を目指した。とくに、スキー場からのルートとの合流地点を発見ししたいもんだ!大きな目印としてお地蔵さんがあるはずだ!




080827-1509aa.jpg
080827-1509b.jpg
080827-1509a.jpg





・【1509】I氏(大)が覗き込んでいるものは、”林道出合”と書かれたプレートだ!ピンクの矢印方向を少し登ったところにあって、この方向に行く予定だったが、なぜか青色の矢印方向(ガードフェンスあり)に進んでしまった。これが大失敗だった!随分と荒れた谷沿いのルートで進行方角が"北”に向かっており「おかしい、間違っている」とI氏(大)が気が付いた!ここでI氏(大)の本領発揮だ!冷静な分析と判断で最悪の事態は回避された!ひとつ間違えば"遭難だった”かも知れない!さすがだ、アルプスで鍛えた経験が違う!




080827-1524.jpg
080827-1528.jpg・【1528】ずいぶん、時間をロスしてしまった。間違ったルート(ガードフェンスまで)を引き返してピンク矢印方向に進んだ!少し登っていくと目印の”お地蔵さん”を発見した!(写りが恐ろしく悪くすみません)ここが”松尾峠”だ!スキー場からのルートと思われる道も発見だ!良かった!ここまで来れば、1時間以内に下りれるはずだ!しかし、なぜガードされているところをわざわざ進んで行ったのだろうか!?(冷静に考えれば不思議だ)おそらく、少ない情報を上手く結び付けられなかったのだ!(反省だ)



080827-1608.jpg
080827-1614.jpg
080827-1614a.jpg・【1614】NTTの中継基地が現れた!すぐに精華のグランドも見えてきた!無事下りてこれた!




080827-1615.jpg
080827-1616.jpg・【1616】小さな橋があったので、しかし少々不安?だったので”重戦車のM氏(大)に先に渡ってもらって安全を確認した!大丈夫だったのでみんな渡った!安心してここで”ワンカット”だ。こうしてみてみると、Y氏(特大)がとても辛そうだ!






080827-1619.jpg
080827-1619a.jpg・【1619】こんなところに案内のプレートがあった!現在地:「松尾坂入り口」と・・・!八瀬駅に通じる舗装路についに合流だ!ここには、野外活動センターの建物があった。(何故かアスファルトの舗装路に入ったとたん足が重く動かなくなった!?)M氏(大)、Y氏(特大)ガンバレ!(足が棒のようになっているようだ)I氏(大)は先に行って見えなくなっていた!



080827-1625.jpg
080827-1625a.jpg・【1625】ケーブルの駅が見えてきた!ようやく帰ってきた!ここには小さな信号機が付けられていた!(野外活動センターまで狭い道だからでしょう)








080827-1626.jpg  080827-1629.jpg
・【1626】ケーブル八瀬駅に到着だ!”お疲れさま”です!全員無事帰還しました!着いたとたん、I氏(大)が「コーラ飲みたい」って叫んだ!イッキ飲みだった「旨い、旨い」を連発だ!
今回の山ある記はM氏(大)のガンバリには恐れいった感じだ!全工程全く問題なしで、まだまだ余裕を感じられた!さすが重戦車だ!Y氏(特大)も最後まで痛い足を我慢してよく頑張った!I氏(大)には助けられた!本当に頼りになり、頼もしい!(俺はいつも行きたいとこに行くだけだけど・・・)終わってみれば、なかなかいい旅だった!天気がよければもっとよかったけど・・・!
次回は、M氏(大)も仲間に増えフルメンバー5名で(I氏(小)も戻ってくる)、月参りのあの山に久々に行くぞ!924mのあの山です!
 次回の「山ある記」をお楽しみに!
今回はこれで、お・し・ま・い です!bye-bye

※次からは、写真出きるだけ、綺麗にとります(節約もします)






スポンサーサイト
<16.横峰峠(醍醐山)~高塚山~**山ある記 >
皆さんお元気ですか?毎日暑い日が続きますね!
只今より、第16回「山ある記」をはじめます!スタート!!(更新が遅れてしまった(-_-;))

今回は、単独で醍醐山へ散歩に出かけました!今までに無いショート、ショートの「山ある記」になりますが、最後までお付き合いお願いしまーす!(^O^)/
今日は一人なのでゆっくりとマイペースでいきます!!

※高塚山 485m、醍醐山 454m
  <コースタイム>
  醍醐寺女人堂 10:00 → 横峰峠 11:07(小休止) →  高塚山/舗装路出合い 11:41 → 
  高塚山/桜の馬場分岐 11:46 → 高塚山山頂/三角点 11:54 → P343 12:21 → 
   長尾天満宮 12:46(小休止) →醍醐寺女人堂 13:28  


08年8月06日(水)最高気温(京都) 35.7度 晴れ後曇り(夕立あり)


080806-1000.jpg
080806-1001.jpg・【1000】本来なら、この女人堂から参道を登っていくのですが、6/1から上醍醐も入山料が必要になり、ちょっとびびって、入り口左に続く”横峰峠”に直接いくことにした!進んですぐに、この様な昔に荷物を運んでいたロープがある!




080806-1003.jpg
080806-1009.jpg・【1003】小さな橋を渡って右にすすんでここから山道だ!ここからの道は結構、ごつごつした石も多く歩きにくい!坂も急でちょっとしたトレーニングにはちょうどいい感じだ!”表参道はひっきりなしに多くの人が登っているがこのルートはほとんど人には会わないはずだ!(少し寂しい(^_^;))



080806-1038.jpg
080806-1033.jpg・【1033】登りも少しなだらかになったところで少し休憩だ!やっぱり暑い暑すぎる!このモンベルの”アルパインクルーザー”は実に素晴らしい!安心感が全然違い、少し重いが履き心地抜群だ!このルートは下りでは今まで結構通っていたが、登りはまだ2回目だ!前回I氏(大)と足慣らしに来て以来だ!



080806-1047.jpg
080806-1047a.jpg・【1047】ここは、展望ポイントだ!醍醐寺の五重塔や街が見えている!下で見たロープがここを中継して更に上に伸びている!



080806-1107.jpg
080806-1112.jpg・【1107】何とか"横峰峠”に到着だ!ここは約400mくらいだろう!じつはここまで車で来て(タクシーも多い)ここから上醍醐に行かれる方々も多いようだ!(炭山からぐるりと回ってこれる)。休憩だ!随分ゆっくりと1時間強掛かった!この暑さの中やっぱり”この水”がおいしい!生き返りました!今日は、本当はここから千頭岳方面に足を伸ばしてみよう思っていたが、この暑さでは・・・高塚山へ行く事に・・・!





080806-1107a.jpg
080806-1123a.jpg・【1123】ここが上醍醐への登り口!たぶん20分ほどで着くはずだ!横峰峠からはこの舗装道をしばらく進んで高塚山に向かう事に!




080806-1132.jpg
080806-1133.jpg・【1133】この舗装道はこの先に有るゴルフ場に通じる道だ!途中で、展望が開けているところがあり、すこしもやっているが、いい景色だ!桃山方面が目の前だ!もう一枚のカットは醍醐山方面を振り返ってみた!




080806-1141.jpg
080806-1142.jpg・【1142】舗装道ともここでお別れ!標識にあるように、桜の馬場方面に山道に入った!
このあたりはへは、I氏(小)と昨年の夏に音羽山に行っているので、「山ある記・第3話」を参照してください!





080806-1146.jpg
080806-1154.jpg【1154】舗装路からの分岐を山道にはいってすぐに、桜の馬場と高塚山への分岐に着いた!右(北)へ行けば、桜の馬場へ、左?真っ直ぐ(西)へ行けば高塚山へ。この分岐から7.8分で山頂/三角点485mに到着だ!お気に入りのモンベルにお”チャチャバックを置いてのワンカットだ!(^O^)/



080806-1155.jpg・しかし、この高塚山の山頂は、このように全く展望がなく残念だ!休憩もそこそこにして、下っていく事に・・・!醍醐寺境内の長尾天満宮に向け出発だ!




080806-1212.jpg
080806-1215.jpg・【1215】ここからの下りは、結構厳しいルートだ!ガレていて真っ直ぐ下りて行くので急な坂が続いている!下りはやっぱり堪えますね!




080806-1218.jpg
080806-1221.jpg・【1221】途中で、こんな色の木を発見!こうゆう種類なのだろうか?しばらく行くと「P343」のプレートを発見!ここは小さなピーク343mだったのだ!




080806-1239.jpg
080806-1240.jpg・【1240】突然視界が開け(直射日光は暑い(^^ゞ)、高圧線の鉄塔が現れた!ここまで来れば、もうすぐだ!南方向の醍醐山方面が見え、随分下りて来た感じだ!しかしあまりにも暑いので、木陰に入って休憩だ!←違う!



080806-1256.jpg
080806-1257.jpg
080806-1259.jpg・【1259】長尾天満宮に到着だ!この暑さのため、全くひと気がなく寂しい感じだ!しっかりとしたベンチがあったので、すこし休憩をさせてもらった!




080806-1310.jpg
080806-1316.jpg・【1316】けっこう長い石の階段をおり、正面入り口の着いた!趣があり、歴史を感じさせるすばらしいところだ!ここは現在修理中の醍醐寺 仁王門北側にあります!



080806-1319.jpg
080806-1328.jpg・【1328】仁王門前をとおり境内をしばらくあるいて、出発地点の女人堂に無事帰還しました!約3時間半ほどの軽いハイキングですが、歩き応えはあるのでオススメのコースですね!今回は、軽い散歩でしたが、楽しい山ある記でした!
ここに戻ってきてマイチャリに乗って帰ろうとした時、山登りの大先輩に出会った!参道から上醍醐→奥の院→東の覗きまで行かれてきたそうでした!いい旅のようでした!

今月には、メンバーを増員!??(真贋は?)してフルメンバーで山ある記を行います!お楽しみに!(^O^)
今回はこれで、お・し・ま・い!では・・・バイバイ











プロフィール

hayabusa☆2号

Author:hayabusa☆2号
FC2ブログへようこそ!



カテゴリー



フリーエリア

顔文字教室



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。